「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!
1mile,100 mile
来春、浅草にオープンするWIRED HOTELのプレイベント「1mile,100 mile」で
スピーカーの1人として、1マイル100マイルそれぞれ、オススメの食を紹介しました。
d0028327_16362857.jpg

d0028327_16364473.jpg


私の1マイルは浅草の「喫茶アロマ」、100マイルは横浜本牧の「Bar IG」。
d0028327_16373476.jpg

d0028327_16375379.jpg


スピーカーは何かお土産を持って行くことになっていて、
ペリカンのロールパンを皆さんに食べていただきました。
d0028327_1637077.jpg


他のスピーカーは、浅草から「sekai cafe」の友野さん。
ハラルなど外国人観光客に対して食の対応をしているお店です。
友野さんはご出身である福生の米軍基地のフェスティバルについてお話しされたのですが、
私が本牧について紹介した内容とリンクしていて、おもしろいなーと思いました。

もう一人、浅草からはデザイナーの中川さん。
彼女は浅草の大衆酒場と、戦後、物資が乏しい時代に発明(?)されたお酒についての紹介でした。

米軍基地やその跡地、そして焼け跡に登場したお酒。

先日観た「シン・ゴジラ」に「戦後は続くよ、どこまでも」というセリフがありましたが、
なんだかそんなことを思い出しました。

この日は昼間、土砂降りでどうなることかと思いましたが、
出掛ける時間には雨も上がり、蒸し暑い中、小千谷縮と紗献上の帯で。
d0028327_16465942.jpg

d0028327_1647966.jpg

[PR]
# by TomitaRie | 2016-08-21 16:47 | 浅草 | Trackback | Comments(0)
隅田川とうろう流し
10年程前に始まった頃は、地元の人たちだけのささやかな催しでした。
ちょうど母が亡くなった年だったので、
妹といっしょにしみじみととうろうを流したものでした。

昨年は行こうと思っていたけれど店を抜け出せず、
2年ぶりにようすを見に行ったらびっくり。
とうろうを流す列が何重にも並んでいました。

吾妻橋の上にも対岸の墨田区側にも見物人がびっしり!
聞けば、東京湾花火がなくなった影響もあるらしいです。
システムもずいぶん進化していましたが、
友人たちは「待つ時間に比べて、流すのがあっけなくて風情がない」とも。

とはいえ夜風が心地よく、川面に浮かぶとうろうの灯りは幻想的できれいでした。
d0028327_13542823.jpg

d0028327_13544234.jpg

d0028327_13545324.jpg

[PR]
# by TomitaRie | 2016-08-14 13:55 | 浅草 | Trackback | Comments(0)
半幅帯にワンポイント
7,8月はほぼ毎日、浴衣です。
出勤前に夫が「今日もバッチリ!」と言ってくれますが、
本日の浴衣は「素麺っぽいから、どこかにピンクがないとダメ」というアドバイス。
d0028327_15114628.jpg


素麺か…褒められているのか微妙。
でもなるほどと思い、浅草についてから近所の「桐生堂」さんで細い組紐をピンクの濃淡で2本購入。
d0028327_15113360.jpg


いろんな色があって1本700円。
浴衣の半幅帯にちょうどよいので、あと1色欲しいなーというときにオススメ。
細いから帯留も通しやすいしね。

足元は黒塗の芳町下駄。鼻緒がカルピスっぽくないですか?(笑)
d0028327_1512041.jpg

[PR]
# by TomitaRie | 2016-08-13 15:12 | 下駄・草履・和装のこと | Trackback | Comments(0)
浴衣美人が集まるパーティー!
週末、友人が開催している「浴衣DEビアガーデン」に参加させていただきました!
会場がちょっと変わっていて、かの東京大学構内にあるレストラン。
d0028327_1234472.jpg

浅草でお店をやってると、なかなか週末のイベントには参加できないんだけど(しかも夏の繁忙期は)、
昨年とても楽しかったのと、参加者の皆さんがすてきな着こなしで勉強になるので、ぜひ来たかったのです。

参加者には辻屋の下駄を履いて来てくださった方も多く、こんな写真を撮りました!
d0028327_12364667.jpg


浴衣美人たちと撮った写真です。もっと他の方とも撮ればよかった~
d0028327_12352983.jpg

d0028327_12354122.jpg

d0028327_12355680.jpg



私はこの日のために(?)買った一條朋子さんの帯留が主役のコーディネイトで。
白の紗献上の帯に、絞りの浴衣。
d0028327_12372980.jpg

防水の白木舟形下駄は久留米絣の辻屋オリジナル鼻緒でした!
d0028327_12374940.jpg

[PR]
# by TomitaRie | 2016-08-08 12:37 | 下駄・草履・和装のこと | Trackback | Comments(0)
隅田川花火大会
見物客は95万7000人だったとか。
物騒な昨今ですが、何事もなく無事に花火を楽しむことができて、よかった。

私は一昨年のアサクサ・コレクションでヘアメイクを担当してくれたMさんにご招待いただき、
アパートの屋上でお仲間たちと花火見物させていただきました。
d0028327_13223429.jpg


ちょうどスカイツリーから花火が上がるように見える位置でした。
d0028327_13251528.jpg

d0028327_1325227.jpg

d0028327_13252960.jpg

[PR]
# by TomitaRie | 2016-07-31 13:25 | 浅草 | Trackback | Comments(0)
蔵前神社寄席
昨日は蔵前神社にて「林家正蔵・桂文治の会」でした。
蔵前神社は石清水八幡宮、徳川将軍家祈願所の一社で、とても由緒ある神社です。
d0028327_1421933.jpg

落語「元犬」の舞台ということで、あほまろさんちのナナちゃんがモデルになった元犬像があります。
d0028327_14211831.jpg


正蔵「お菊の皿」、文治「阿武松」、中入り、文治「平林」、正蔵「中村仲蔵」。
「阿武松」は実在した六代目横綱阿武松緑之助の出世物語を描いた噺。
蔵前神社は勧進相撲の発祥の地なので、蔵前神社の宮司さんたってのご所望だったのだそうです。
d0028327_14213888.jpg


演じた文治師匠は先日、辻屋で下駄をお求めくださいました。

主催者の飯田ひとみさんは、9月30日に浅草本法寺で「禁演落語を聴く会」も企画しています。
この会については辻屋本店「和装人インタビュー」に書いたのでぜひ読んでみてください。
http://getaya.jp/interview/interview56/

[PR]
# by TomitaRie | 2016-07-24 14:22 | 伝統芸能 | Trackback | Comments(0)
お客さまと
ほおずき市の日にお立ち寄りくださった渡井様ご夫妻は、
当店ホームページの「和装人インタビュー」にも登場してくださっています。
この日の奥さまはほおずき柄の浴衣!
足もとはもちろんお二人とも辻屋の下駄です。
ご主人が履いているのは稀少な胡麻竹表の下駄。
d0028327_16251914.jpg


海の日。
男性の和装のお手本ともいえる、いつもすてきなKさま。
涼しげな小千谷縮に、白木の坪下がり三味角下駄。鼻緒は鹿革の深緑の縞。
辻屋オリジナルの携帯ケースを腰に。
d0028327_16271990.jpg

[PR]
# by TomitaRie | 2016-07-18 16:27 | 下駄・草履・和装のこと | Trackback | Comments(0)
がんばって絽の着物
久々に異業種交流会というものに行ってみました。
会場は上野精養軒。
さすがに浴衣というわけにはいかず、
がんばって絽の着物に博多織の紗献上で。
d0028327_12285962.jpg

d0028327_12291063.jpg

d0028327_12305027.jpg

d0028327_1231087.jpg

[PR]
# by TomitaRie | 2016-07-18 12:31 | 東京したまち | Trackback | Comments(0)
浅草神社の夏詣
七夕の夜は三社さまの夏詣へ。
d0028327_12204029.jpg


短冊に願い事を書いて、最後は線香花火。
d0028327_1221185.jpg

d0028327_12211579.jpg

d0028327_12213011.jpg

d0028327_12214066.jpg

d0028327_12215264.jpg

[PR]
# by TomitaRie | 2016-07-18 12:21 | 浅草 | Trackback | Comments(0)
セミナーやイベントを訪問
ジャパネスク・レボリューション主宰の上杉恵理子さんの
「きものイメージ戦略セミナー」にうかがいました。
d0028327_18371134.jpg


浴衣を5つのイメージ<トラディショナル><エレガント><ロマンティック><ドラマティック><クリエイティブ>に分けて、
それぞれの特徴、そして自分の軸をどう決めるか。

受講者は10名程。
これまでほとんど着てこなかった人、
洋服のイメージコンサルの仕事の人など。

上杉恵理子さんには、次回の「和装人インタビュー」に登場していただくので、
どうぞお楽しみに。
d0028327_18372767.jpg


その後、深川で開催していたイベントへ。
辻屋とコラボしたこともあるクリエイターのペタコさん、
ご近所で仲良しの手作りせっけん作家 鈴木万由香さんがワークショップ中。
d0028327_18391049.jpg

d0028327_18392371.jpg

d0028327_18393541.jpg

d0028327_18394985.jpg


私の装いは、水色の格子柄の浴衣を半衿&名古屋帯で。
d0028327_18415039.jpg

d0028327_1842145.jpg

[PR]
# by TomitaRie | 2016-07-11 18:42 | 下駄・草履・和装のこと | Trackback | Comments(0)