防寒コーディネイト
今年は1月6日が二十四節季の「小寒」で、
この日から節分(立春の前日)までを「寒の内」といい、
冬の寒さが一番厳しい季節です。

東京の冬はこんなに寒かったっけ・・・とつぶやく毎日。
商店街の店舗は入口全面が開いていて暖房がきかないので、
自分が暖かくするしかありません。
着物は洋服より暖かいのですが、やはりこの時期はウール着物が重宝。
写真のウール着物とウール上っ張りの組み合わせは今のところ最強です^^
d0028327_1203363.jpg

着物のインナーに、タートルネックを着る方もいらっしゃいますが、
私は似合わないので、ガーゼの肌着とヒートテックレギンス。
二部式の襦袢の晒し生地の背中部分にホカロン。
足元は、浅草の「めうがや」さんの別珍足袋。
そして畳表付の下駄。これが、ぜひ試していただきたいほど暖かさが違います。
d0028327_125730.jpg

着物は、袖口と首元が寒いので、ちょっと外に出るときは、こんな防寒グッズを。
近所の雑貨店でみつけたアームカバーと、ラビットの首巻き。
d0028327_1264880.jpg

仕事の行き帰りはフード付きショールをはおれば、寒がりの私でもなんとかしのげます。
[PR]
by TomitaRie | 2012-01-16 12:07 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)


<< 熊本城 祈願会、新春歌舞伎、新年会 >>