カテゴリ:旅( 22 )
米沢で織元めぐり&美味の旅
米沢で呉服の仲卸業をされている友人の粟野さんにコーディネートしていただき、
先日、秋の米沢へ行ってきました!
新幹線でお昼過ぎに到着、まずは老舗のお蕎麦屋さんでお食事。

d0028327_13355381.jpg

そして織元を見学。
まずは紅花染めで有名な新田さん。
米沢といえば紅花染めのイメージでしたが、意外にも紅花染めの紬はわりと歴史が浅いのです。
紅花じたいは江戸時代から生産され、主産業ではあったのですが、
先々代の秀次さんが苦労の末、糸に染め織る紬を考案したそうです。
d0028327_13361085.jpg
d0028327_13361889.jpg
d0028327_13362297.jpg
d0028327_13361470.jpg

新田さんは元々は武士の家系で、とても立派なお屋敷とお庭。
ちょうどお庭では職人さんが雪囲いをしていました。

d0028327_13360080.jpg
d0028327_13360787.jpg

次に野々花菜工房さん。
d0028327_13364595.jpg
藍,栗,茜,楊梅,紫根等、天然の草木や花を使用し、染色をされています。
これは桜の枝。
雪の重みで折れて落ちてしまった枝を集めるのだそう。
d0028327_13461586.jpg


発酵している藍のかめも見せていただきました。
d0028327_13370966.jpg
日本の藍はタデアイの葉を発酵により堆肥状にして作ります。現在は徳島で染料の元になる<すくも>を作っています。
安価なインド藍が輸入されるようになり、日本の天然藍で染めるのはかなり減ってしまったそうですが、この大変に手間と時間のかかる工程を聞いて納得しました。


さて宿は小野川温泉。
d0028327_13371657.jpg
さっとひと風呂あびて、米沢の味覚を堪能。
地元の食材を使った和食とお酒を楽しみました。どれもおいしくて感動!私の2017年トップ3に入ります!
d0028327_13372112.jpg
d0028327_13372946.jpg
d0028327_13373500.jpg


2日目はまず近賢織物さんを見学させていただきました。
d0028327_13374422.jpg

d0028327_13374973.jpg
d0028327_13375298.jpg
何台もある織機でていねいに織られている着尺や帯はどれも欲しくなるようなものばかり。
これは全国のお祭りの袢纏に締める帯だそうです。
d0028327_13375719.jpg

こちらは新製品の帯なのですが、これ三社祭の袢纏におそろいで締めたらどうでしょう!
担ぎ手の皆さん、いかがでしょうか!?
d0028327_13381456.jpg


その後、香坂酒造さんの蔵へ。
仕込み米を手で洗い、昔ながらの方法で作っています。
d0028327_13380560.jpg
d0028327_13381837.jpg
d0028327_13382104.jpg

お昼ごはんは米沢牛のすき焼き!
1階が精肉店で、2階がすき焼き屋さんになっています。
お宿の朝食をしっかりいただいてしまったのでお昼は入るかしらと思っていたのですがあまりにおいしいお肉でペロリ^o^
d0028327_13455913.jpg
d0028327_13382947.jpg
d0028327_13383380.jpg

最後は上杉神社へお参り。
d0028327_13384498.jpg
d0028327_13384789.jpg
d0028327_13385172.jpg
d0028327_13383944.jpg

米沢、恐るべし! おいしいものばかり!
冬はものすごく雪が降るので景色が一変するそうですが、今日は日差しもあって暖かく、雪景色は想像できなかったです。




[PR]
by TomitaRie | 2017-11-07 14:25 | | Comments(0)
熊本県 山都町と通潤橋
3日前のことですが、「ラ・ロシェル山王」にて食育・料理研究家 中原麻衣子さん、フランス料理の鉄人ムッシュ坂井とコラボイベント【熊本県通潤橋チャリティパワーランチ!】に参加させていただきました。
d0028327_1444284.jpg

d0028327_1445762.jpg



7年ほど前、山都町には郷土芸能として受け継がれている「清和文楽」があると知り、是非とも行ってみたいと訪れたことがあります。
残念ながら文楽の公演を観ることはできなかったのですが、通潤橋に出会いました。
通潤橋は日本最大級の石造りアーチ水路橋で、国の重要文化財に指定されています。
3本の石の通水管が敷設され、1日に何度か通水管に詰まった堆積物を取り除くための放水が行われるのですが、その景観がもう見事なのです!
山都町は棚田の美しさでも知られ、我が家も山都町の棚田米をいただいていますが、おいしさは言うまでもありません。


昨年の熊本地震の被害はここでも大きく、通潤橋は未だ復旧せず、棚田も水害などで大変な状況でした。中原麻衣子さんは、棚田を守るために「シェア田」という活動もされています。
http://ameblo.jp/vege-maimai/


さてこの日のお料理は、ムッシュの愛弟子、川島料理長が腕を振るった、前菜からデザートまで全てに棚田の玄米を使ったフルコース。
たいへんおいしゅうございました~♪
d0028327_14455555.jpg

d0028327_1446750.jpg



着て行ったのは祖母の遺した一張羅(!)の結城紬。
東京染小紋の伝統工芸士、岩下江美佳さんの帯をあわせました。
雪の結晶の柄なので、締められる時期もそろそろおしまい。

帯留は九谷の赤絵細描で織田恵美さんの作品です。
d0028327_1453134.jpg


草履は鼻緒に紅一文字のお気に入り。
手がこんだ仕立てですが残念ながらこのメーカーさんは3年前に廃業してしまいました。
d0028327_14541571.jpg

d0028327_14542515.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2017-01-21 14:54 | | Comments(0)
千住七福神めぐり
昨年に続き、今年も千住七福神を巡ってきました。
d0028327_18185954.jpg

d0028327_181993.jpg

d0028327_1819189.jpg

d0028327_18192780.jpg

d0028327_18193657.jpg

d0028327_18194484.jpg

d0028327_18195191.jpg

d0028327_1819584.jpg

d0028327_1820239.jpg

d0028327_18203152.jpg

d0028327_18203749.jpg

d0028327_18205426.jpg

d0028327_1821369.jpg

d0028327_18211491.jpg

d0028327_1821278.jpg

d0028327_18214531.jpg

d0028327_18215439.jpg

d0028327_1822876.jpg


この色紙を神棚に上げないと、なんとなく始まらないような気がして…。
商売やってるとゲンを担いでしまうのです。
d0028327_18231111.jpg


七社巡って、その後荒川を渡った向こう側のお寺へ、9年前に亡くなった友人のお参りに。
d0028327_18242138.jpg

d0028327_18243144.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2017-01-10 18:24 | | Comments(0)
紅葉と雪の高尾
晩秋の1日をすてきな皆さんとご一緒させていただきました。
高尾の「うかい竹亭」へ。
d0028327_15404034.jpg

d0028327_1541216.jpg

d0028327_15413649.jpg


前日の雪が色付いた木々に残り、絶妙なタイミングでした。
d0028327_15465888.jpg

d0028327_15485627.jpg

d0028327_1551073.jpg


美しいお庭を見ながらおいしいお料理、たっぷりおしゃべり。
これで年末年始、がんばれそうです!
d0028327_15471464.jpg

d0028327_15472684.jpg

d0028327_1547386.jpg

d0028327_15502790.jpg

d0028327_15504424.jpg


働くときには向かないため羽織を着るチャンスがなかなかないので、
ちょっと前にみつけた絞りの羽織をやっと着てみました!
d0028327_1550925.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2016-11-26 15:47 | | Comments(0)
企業訪問で信州へ
法人会青年部会の企業訪問研修旅行に参加し、信州へ行ってまいりました。

まずは上田城へ。大河ドラマ「真田丸」の影響もちらほら。
d0028327_14105692.jpg


今、ワイナリーを経営したい人が続々と長野県にやって来るそうで、
行政やJAもかなりバックアップしているのだとか。
その先駆けとなった玉村豊男さんのヴィラデステです。
d0028327_14251511.jpg

d0028327_14252843.jpg


次に、OBのご縁でうかがった日本ワイン農業研究所「アルカンヴィーニュ」の見学。
d0028327_149568.jpg

d0028327_1491658.jpg

d0028327_1492937.jpg


自分自身の仕事には直接関係はありませんが、浅草に戻る前に東京以外に暮らした経験から、
地方都市の魅力とその発信についてはとても興味があるので、
OBの櫻山さんのお話は勉強になりました。

ランチは地ビール飲み放題!
駿のアスパラガスをたっぷりいただきました!
d0028327_14205176.jpg

d0028327_14272040.jpg


そして小布施。
何十年ぶりかで訪れましたが、古い建物と街並みの調和H、町の人々の努力の賜物。
北斎美術館もちょっとだけ見学。今年、東京墨田区にもオープン予定なので予習です。
d0028327_14131782.jpg

d0028327_14283214.jpg


宿は野沢温泉の旅館。
お風呂でさっぱりしてから、宴会で大盛り上がり、続いて近所のスナックで二次会…
d0028327_14291094.jpg

d0028327_14284586.jpg


翌日は実行委員長の田中さんのご親戚の老舗酒造にお邪魔しました。
d0028327_14152590.jpg



同い年の社長が家業を継いでからの想いや、酒造りでの改革については、私も近いところがあり、
ひじょうに胸に迫るものがありました。
社長のお母さま手作りの料理も並び、各種試飲させていただきました。
d0028327_14175213.jpg

d0028327_14183128.jpg

d0028327_14184319.jpg

d0028327_14185158.jpg


お昼ごはんは、酒蔵近くのうなぎ屋さん。
d0028327_14191881.jpg


その他、楽しいこと盛りだくさんだったのですが、とにかく皆さん、よく飲みました!
初めての企業訪問、参加してよかったです。
[PR]
by TomitaRie | 2016-06-29 14:19 | | Comments(0)
今月の小さな旅
昨日のオフは、外国人観光客に喜ばれそうな東京観光の一日に。
別に誰か案内したわけではありませんが^^;
お昼過ぎ、デパ地下でお弁当を買って、浅草から水上バスに乗って浜離宮へ。

隅田川クルーズ、楽しいですね~
d0028327_14273530.jpg

d0028327_14274652.jpg

築地の料亭「治作」は、20年近く昔、披露宴を挙げた思い出の場所です。
d0028327_14285367.jpg



浜離宮、考えてみると、子どもの時いらいかも。
世界中から来た観光客が散策していました。
私たちも茶店でひと息。
d0028327_14302838.jpg

d0028327_14304458.jpg


そこから少し歩いて、旧芝離宮庭園も散策。
浜松町の駅からすぐ近くに、こんないい場所があるとは!
印半纏を着た植木屋さんが絵になる。
d0028327_14315364.jpg

浜離宮もそうでしたが、紫陽花はガクアジサイが主流。
d0028327_14322156.jpg


そして銀座へ。ポーラミュージアムで「玉川堂200年展~打つ。時を打つ。」を拝見。
新潟・燕にある鎚起銅器の老舗メーカーです。
技といい、展示といい、素晴らしい!
d0028327_1433756.jpg


その後、墨田区に戻って銭湯&居酒屋で締め。
昨年リニューアルしたばかりの本所にある銭湯、大満足!
女湯は湯船につかりながら、下町言葉で元気におしゃべりする70才台以上の大先輩たちでいっぱいでした。
そこからほど近い居酒屋「わくい亭」は、地域の名店。大きなメンチカツが名物。
d0028327_14361171.jpg

d0028327_14362037.jpg

d0028327_14363182.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2016-06-18 14:36 | | Comments(0)
蔵の町、栃木へ
昨日は東武線スペーシアに乗って日帰りで蔵の街、栃木へ。
家康の霊柩が日光山へ改葬され、朝廷からの勅使が日光東照宮へ毎年参向するようになり、
栃木が街道の宿場町となったのが発展のきっかけになったとのこと。
さらに巴波川の舟運で江戸との交易が盛んになり、商都として蔵が並ぶ街になったそうです。
d0028327_13484569.jpg

d0028327_13491858.jpg


その商いのひとつが麻。
下駄や草履の鼻緒の紐は、今はほとんどナイロン混ですが、昔は麻100%でした。
父がいつも「栃木の麻を使っていた」と言っていますが、これだったのだ!
登録有形文化財になっている横山家は、麻の商いで成功して銀行も兼業したのだとか。
d0028327_13495569.jpg

d0028327_1350549.jpg

d0028327_13501669.jpg

d0028327_13502774.jpg

d0028327_13503799.jpg

NHKの朝ドラ「あさが来た」を思い出します^^
d0028327_1422873.jpg

d0028327_1423879.jpg

d0028327_1424992.jpg


街の中を流れる巴波川沿いだけでなく、街中には趣のある建物が数多く残っています。
巴波川の一部分に観光用の舟が行ったり来たり。
d0028327_13512290.jpg

栃木市は「蔵の街」として宣伝しているのですが、
せっかくある街の資源を観光に活かしきれていないような印象。
文化財指定じゃなくてもすてきな建物があちこちにあります。
d0028327_1352568.jpg

ご多分に漏れず、ゆるキャラがあちこちにいて、ゆるキャラグッズもたくさん作っているのですが、
そんなことに力を注ぐくらいなら、古い建物や町並みをもっと魅力的にできるのではないかと思いました。
d0028327_13531638.jpg


わが町、浅草は古い建物や町並みはほぼ戦争で焼けてしまっているので残っていませんから、
こんなに素晴らしいものがたくさん残っていて羨ましい。
d0028327_13535844.jpg

d0028327_13541682.jpg

d0028327_13543527.jpg


雑貨屋さんで、ちょうどよい小ぶりの座敷箒をみつけて買っちゃいました。
d0028327_13564489.jpg


お昼ごはんは、地元で人気のラーメン。
ちょっと平たい麺でのどごしよく、あっさり味。おいしかった!
d0028327_1443066.jpg


栃木の街でも、若者たちが古い蔵をブティックや雑貨屋にしたり、
着物で歩くイベントやフリーマーケットを企画したりして頑張っているみたいですが、
やはり行政がやるべきことはもっともっとあるはず。
なんか偉そうなこと書いてしまいましたが、ゆるキャラが悪いわけではないのですが、
どの地域、街にも魅力はあるはずなのに、右に倣えではもったいないです。
d0028327_1355824.jpg

d0028327_13551880.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2016-05-21 13:57 | | Comments(0)
銀座の柳
銀座1丁目にある奥野ビルに、夫方の親戚が出展しているギャラリーを訪ねました。
かつては銀座界隈でも屈指の高級アパートだったそうですが、
現在は約20店のギャラリーが入っています。
d0028327_12434874.jpg


当時は最先端のおしゃれなアパートメントだった雰囲気が、今でもほぼそのまま。
手動のエレベーターも現役です。
d0028327_1244950.jpg


5階にあるギャラリーオーナーのご夫婦に、ここで100歳まで暮らしていた美容師の女性のことや、
この建物の熱狂的なファンであるイギリス人のことなどお聞きしました。
その部屋には「銀座の柳」など作詞した西條八十が住んでいたとか。

表通りには高級ブランドが並ぶ銀座の裏通りには、
小さなギャラリーや古くからのバーも残る銀座、たまに歩くと発見がたくさんありますね。
日が暮れて入ったのは、セレブな街、銀座にもある庶民が憩う大衆酒場「三州屋」。
銀座まで来て!と笑われそうですが。
d0028327_1245252.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2016-04-08 12:45 | | Comments(0)
武蔵野吉祥七福神巡り
毎年恒例、神楽女会の七福神巡りに参加しました。
ミドリさんとノリカさんが主宰している「女子神社ツアー」のイベントで、
東京に帰って来てから参加しているので5年目です。
これまで廻ったのは、日本橋、千住、東海道、下谷。
そして今年は武蔵野吉祥七福神。
d0028327_1159393.jpg

d0028327_11595122.jpg

d0028327_120756.jpg

d0028327_1201571.jpg


夜に新年会が入っているため、ここから私だけ途中から別行動、なんとかすべて巡りました。
初春の武蔵野を歩き、玉川上水を渡り、
賑やかな浅草から離れて、ちょっと気分転換できました。
d0028327_1202841.jpg

d0028327_1221849.jpg


d0028327_125266.jpg

d0028327_1251970.jpg


なんとか7社クリア!
七福神の色紙を店の神棚に飾ると、一年無事に商売できるような気がするのです。
d0028327_124425.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2016-01-10 12:06 | | Comments(0)
銀座一丁目界隈と万年青
イベントで知り合った日本刺繍作家、田中京子さんの個展へ。
銀座一丁目界隈は、古い建物がまだけっこう残っているんですね。
田中さんの個展もそんなビルの1室。

調べてみるとこの奥野ビル、1932年築の本館と1934年築の新館が左右対称に並ぶ6階建て。
同潤会アパート建築部に所蔵していた川元氏の設計。
かつては旧銀座アパートメントと呼ばれ、銀座界隈でも屈指の高級アパートだったということです。
現在は20店のギャラリーが入っているらしい。
d0028327_1530868.jpg


そこから昭和通りを越えて、新聞に記事が出ていて行ってみたかった「森岡書店」へ。
週替わりでたった一冊だけ売るという本屋さんです。
一冊の本にまつわる展示やトークイベントなど行っています。
この日は『二十四の瞳』の作者、壺井 栄の本でした。
このあたりも小さなギャラリーが点在していたり、
立ち飲みのおしゃれなBarやカジュアルなワインの店など、
銀座といっても庶民的なお店が少なくない。
d0028327_15331716.jpg


さらにぶらぶら歩いて、八重洲地下街で行われたイベント
「江戸を支えた!? 万年青(おもと)の話と植え付け体験」へ。
東京駅に近づくときらびやかな新しいビルばかりになり、
街はまったく違う顔になります。
東京ってやっぱりおもしろいなぁ。

さて万年青。昔自宅にもあったし、お富士さんの植木市で見るけど、
そんなに種類があって愛好家がいるとは知らなかった!
家康が好み、江戸城本丸に入城の際に携えたといわれます。

解説は万年青の専門店、宝生園の水野さん。
現在は名古屋ですが、当初は駒込にあったそうです。
江戸の園芸というのは世界トップレベルだったそうで、
時代によって流行する植物は変わるのですが、
朝顔に並び万年青も人気があったのです。

参加者はそれぞれ自分で植え付けした万年青を持ち帰りました。
植物を育てるのが得意でない私、このかわいい万年青は大切に育てます!
d0028327_1539016.jpg

d0028327_1539935.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2015-10-10 15:39 | | Comments(0)