<   2005年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ガムランの音色
夕方、中華街の「チャイハネ」でガムランの演奏があるよ、と誘われてヨガレッスンの後に行ってみました。「チャイハネ」はアジアやアフリカなどの民芸雑貨やアクセサリー、オリジナルのエスニック衣料のお店。1978年から中華街に店を構える古参ですが、今では全国に店舗があるみたい。あなたの町にもあるかもね。
私はいつも用事があって中華街を抜けるとき、店頭の色とりどりの帽子やバッグなどに惹かれて、そのまま通り過ぎることがなかなか難しい(^^; 壁にも天井に雑貨、布、洋服が所狭しと飾られた店内には、お香の匂いが漂い、入る度つい長居してしまうのです。
商品の種類はものすごく多いけれど、ポリシーがはっきりしているところが、他のエスニック雑貨屋さんと違うところのようです。
‘シルクロード舞踏館’というフリースペースでは、インド舞踏教室やヨガクラス、民族音楽のライブなどの催しがあり、現在も‘世界の楽器展’をやっています。ご興味のある方は、以下ホームページへ。友人の旦那さんがチャイハネのスタッフで、現在ウェブでスマトラ島沖地震後のスリランカの様子を書いています。
http://www.cayhane.net/index.html

さて今日のガムラン演奏。まるでバリ島のような湿度の高い今年の夏。久々に聴いたガムランは空気中の水分を伝って心地よく体に染み込んできました。
3年前、はじめてバリ島に行ったのですが、滞在したウブドの町はお祭りの真っ最中で、毎日毎日ガムランの音色やケチャダンスなどに浸ることができた、至福の旅でした。今日の演奏を聴きながら、バリの夜、たいまつの灯りに浮かぶ妖しい舞踏のようすを思い出しました。
d0028327_0202945.jpg
d0028327_0203923.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2005-08-18 00:20 | 横浜 | Comments(0)
神谷バーと水辺カフェ
先日、次回のメルマガインタビューで「神谷バー」社長の神谷直彌さんにお会いしました。神谷バーといえば‘デンキブラン’というお酒をご存知の方も多いでしょう。
明治13年から続く「神谷バー」を受け継ぐ神谷さんは、私と同年代。生まれてからお住まいは山の手だったそうで、お話したのは今回が初めてでしたが、とても感じの良い、爽やかな方でした。
数日中にはメルマガを発行しますので、ご興味のある方は是非登録してくださいね。

さて浅草の町にとって、隅田川は大切な資源です。春のお花見や夏の花火以外は、スポットの当たることが少ないのが残念ですが、川沿いにきれいに整備された公園は、お散歩にも気持ちよい場所です。
もっと隅田川を見直してもらい、町の中心部との繋がりを持たせようと、この夏、隅田川テラスライトアップが8月4日~9月30日の期間開催されています。浅草水上バス乗船場から東武鉄道鉄橋までの親水テラスで日没から午後11時まで。
それに伴い、隅田川水辺オープンカフェが行われています。辻屋も入会している「槐の会」も協力しており、「ドリンク券」プレゼントを実施中。会員店にて2,000円以上お買い上げのお客様対象に「ドリンク券」を差し上げます。
当会携帯サイトの「クーポン券」または当ホームページの「ドリンク券」クーポンをプリントアウトしていただき、会員店に提示していただくと、水辺オープンカフェの神谷バーにてご使用になれます。もちろん辻屋でも使ってくださいね。
http://www.asakusa.gr.jp/mimiyori/index.html#opencafe

暑い日に観光のあと、夕暮れに隅田川の涼しい川風を受けながら、冷たい飲み物というのも情緒がありますよ。
d0028327_1294495.jpg
d0028327_1295514.jpg
d0028327_1210330.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2005-08-15 12:04 | 浅草 | Comments(0)
ちょっとだけ海、盆踊り
夏らしいこと、しよう! と週末になると考えるのですが、朝寝してグズグズしているうちに、大抵昼過ぎ。昨日も「とりあえず湘南方面へ」と家を出て電車に乗り、逗子で降りました。
バス停でふと、県立近代美術館のポスターを見かけ、「そうだ!ここに行ってみたかった」と思い出しました。開催していたのは「アンテスとカチーナ人形」展。
カチーナというのは、北アメリカ大陸の先住民、ホピ族の作る宗教的、呪術的な人形です。300以上も種類があって、ホピの人々が信じる神々・精霊の姿を形作っています。といってもどれもがすごくユーモラスで可愛らしく、表情豊か。生命力を感じるのでした。
彼らは私たち日本人と同じように、万物に神が宿り、大自然を敬う気持ちを持っている。そのせいかネイティブアメリカンの人には会ったことがありませんが、昔から惹かれるものがあります。

美術館を出て、森戸海岸にある海の家「OASIS」へ。海の家というと、ひと昔前はシャワーと着替え、食事はラーメンとカレーが定番でした。最近は違うんですね。バーカウンターがあって、いろんな種類のお酒が揃い、DJブースもあってライブやイベントも。音楽はレゲエ。
夕方の海を眺めながら、飲むビールは最高においしい!かなり気持ちいい空間です。
d0028327_004837.jpg

d0028327_01882.jpg

帰りの電車の中で、友達から「山手のYCAC(横浜カントリー&アスレチッククラブ)で盆踊りやってるから来ない?」というメールが届きました。YCACは横浜に居住する外国人専用(最近は日本人も入会できるらしい)の会員制の社交クラブで、もちろん普段は入れないのですが、この週末は開放されて、盆踊り大会をやっているらしい。ということで、ちょっと寄ってみました。おそろいの浴衣姿のご婦人たちや、近所の住民に混じって、白人系女の子が浴衣をつんつるてんに着ていたりして、可愛かったです。東京音頭などのほかに、アップテンポな盆踊りもあって、皆さん激しく踊っていました。
d0028327_0822100.jpg

d0028327_084024.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2005-08-08 00:09 | 横浜 | Comments(0)
神奈川新聞花火大会
またまた花火です。昨日は神奈川新聞花火大会。平日だったせいか、7月の開港記念みなと祭の花火より人出は少なかったようです。
みなとみらいの臨港パーク沖で打ち上げるので、地図を眺めて見物場所を検討、大さん橋に決定。6時半頃、大さん橋の入口に行ってみると、今日は人数制限をしているという。もう〆切かなーと思いましたが、難なく整理券をもらえて、大さん橋へ。すでに大勢の人が陣取っていましたが、広さは十分にあるので問題なし。
夜風が心地よく、みなとみらいの夜景も楽しめました。
海に上がる花火は大きい! 隅田川花火は尺玉が上がらないので、この日は花火の大きさ、迫力に圧倒されました。海に映る花火と、水面に浮かぶ舟の灯りが幻想的でした。
d0028327_2259578.jpg

d0028327_2301610.jpg

d0028327_2304027.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2005-08-02 23:01 | 横浜 | Comments(0)