<   2005年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
タイからのお客さま
先週、タイから友人夫婦、キナリーとジョージが遊びに来ました。東京の谷中にある澤の屋旅館に滞在した後、横浜の我が家に2泊し、いっしょに鎌倉や箱根に出かけました。
澤の屋旅館は海外のガイドブックには必ず載っているといっていいくらい、日本に来る外国人観光客には有名な宿です。私たちが以前住んでいた家の近所にあったので、私も興味があったのですが、2人によると家庭的なサービスでとても満足したそうです。
横浜に着いたその日は、まず開港広場のレトロなアメリカンダイナー「ジャックカフェ」のハンバーガーで腹ごしらえ。その後、いっしょに横浜トリエンナーレを見に行きました。週末だったせいか前回行ったときよりずっとにぎやかでした。
夕方、伊勢佐木町商店街のはずれにあるタイ食材屋さんへ買い物へ。
その店のある辺りは、なぜかタイ料理のレストランが集まっていて、ちょっとした旅行気分です。タイ食材専門のお店もあって、普通のスーパーではなかなか手に入らない、青いパパイヤとかトムヤムペーストなどの調味料を翌日の夕食用に買い込みました。
さてこの日はたまたま私の誕生日ということもあり、夜は中華街で私たちの友達も集まってくれて、「東林」という店で宴会。友人の王さんが「Happy Birthday」をアカペラコーラスで録音したMDをプレゼントしてくれて、びっくりするやら嬉しいやら。
私自身にとっても思い出に残るすてきな日になりました。
キナリーちゃんは、ランチはアメリカ料理で、ディナーは中華料理、そして明日の夜はタイ料理。ヨコハマはインターナショナルだねぇと感心していました(ちなみに翌日の昼は鎌倉で精進お弁当でした)。
d0028327_13564833.jpg

この日は歓迎をこめて着物で横浜案内。4年前、新潟にいた頃にはじめて自分であつらえた、木綿の縞の着物に半幅帯で。半衿は知り合いの落語家さんからいただいた手拭を付けてみました。木綿の着物には相性がよいみたい。履物は気軽なヤキ桐右近下駄です。
[PR]
by TomitaRie | 2005-11-22 14:00 | 横浜 | Comments(0)
横浜トリエンナーレ
先月はパソコンの不調に泣かされ、新しいマシンに買い替えたりデータを移したりで、ブログもご無沙汰してしまいました。さて残すところ1ヶ月程になった横浜トリエンナーレに行ってきました。
山下公園の端にあるゲートを入り、専用バスで会場へ。ダニエル・ビュランの赤と白の旗が、澄み渡った秋空に映えます。
d0028327_16172621.jpg

まずは下駄屋.jpメルマガでインタビューしましたボランティアの2人が、制作を手伝っていた「ビュ~ぴる」さんの作品から。小屋に入ると金色の千羽鶴がワーッと天井から降るようで、幻想的でした。
話題の奈良美智&grafの作品も見ました。独特の奈良ワールドがファンタジック。
楽しみにしていたタイの「ソイ・プロジェクト」は、迷路を入っていくと扉ごとにウィスットくんの絵が面白い。
ほかにも世界各地の中華街の門を撮った写真のシリーズや、じゅうたんのけばを集めて動物の形を作ったりするのが印象に残りました。
途中疲れたら腸の形のカフェでひと休み。
d0028327_16174371.jpg

欲を言えば、このようなカフェがもっとあればよかった。月曜日のせいか、会場はなんとなくまったりしていた。誰でも似顔絵を描いてくれるコーナーもお休みだったし。週末はイベントなども多々あるので盛り上がるのでしょう。埠頭の突端なので、とにかく景色はすごくきれい。
d0028327_16191770.jpg

現代アートって、理解しようとしても疲れるから、エンターテイメント気分でついでに港の風景を眺める気分で行けば、楽しめると思います。
d0028327_16192731.jpg

とくに日没頃、みなとみらいの夕景がいいですよ。
d0028327_16201872.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2005-11-07 16:20 | 横浜 | Comments(0)