<   2006年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧
新春浅草歌舞伎
今年初めてのブログです。年末年始の疲労が一気に出たのか、お正月明けから風邪をひき、こじらせてしまったようで、この2週間ばかり、寝たり起きたりのしんどい状態でした。
それでも先週の金曜日、無理して恒例の新春浅草歌舞伎を実家の両親、妹といっしょに見に行ってきました。
今年の演目は「仮名手本忠臣蔵」五段目、六段目。おかると勘平のお話。私たちが見た第2部は早野勘平に中村 勘太郎、女房おかるに中村 七之助という配役でしたが、午前の第1部は配役を入れ替えて演じたようです。ご存知のように、人生の不条理というか、うまくいかないことが重なって、最後は勘平の腹切で終わる、悲しい物語。

次の幕は「蜘蛛絲梓弦(くものいとあずさのゆみはり)」で六変化する市川 亀治郎が見事でした。幼い頃から踊りの名手といわれていたそうで、早がわりにも驚きましたが、童や薬売り、傾城などそれぞれの特徴を踊り分け、大変おもしろかったです。

当日は例年どおり家族全員、着物で観劇。私は祖母からもらったクリーム色地の小紋に、やはり祖母の濃紫の帯、それに母が昔よく来ていた黒の羽織。
体調が悪いときって、着物は重くてつらいものですね。私にしてはめずらしく、幕引きと共に店にとんで帰り、洋服に着替えたほどです。気合入れて、はやく風邪追い出さなければ…!

d0028327_1392570.jpg


d0028327_1393847.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2006-01-21 01:39 | 浅草 | Comments(0)