<   2007年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
大衆演劇、初体験
先日、浅草オレンジ通りの居酒屋「壱八」に行ったときのこと。フジテレビの「Dのゲキジョー」という番組で、大衆演劇の役者さんがが映っていました。壱八のお姐さんが、実は大衆演劇ファンで、「この早乙女太一クンという子はすごいのよ!」と熱く語ってくれたのです。
実は浅草に長いこといるくせに、大衆演劇って、一度も見たことがない。話を聞いているうちに、なんだか見てみたくなってきた…!
「ちょうど浅草六区の大勝館で興業中だよ、券が一枚あるから、あげる」とお姐さん。ありがたくいただき、昨日の夜の公演に行ってきました!今回は「橘劇団」と「劇団朱雀」の新春特別二座合同公演。なんだかお得感♪

昼の部は毎日満員だけど、夜はすいてるから…と言われていたので、開演ちょっと過ぎ頃に行ってみると、なんと入り口に行列! どうやらテレビの影響らしい。
立ち見ならといわれ、それでいいですと入ると、舞台では劇の最中、客席は笑いでどよめいていました。
一部が終わると、オリジナルグッズの販売タイム。劇団員さんたちが客席をまわり、役者さんのカレンダーや湯のみなどを売り歩きます。おばちゃんたちが、どんどん買います。
二部は舞踊ショー。次々と場面が転換し、音楽が変わり、華麗な踊りが繰り広げられます。
五木ひろしや石川さゆりなど演歌はもちろんなのだけど、ロックやポップス、フュージョンぽいのとか、ラテンぽいのもあるのは、ちょっと意外でした。

橘劇団の若座長、橘大五郎くん、劇団朱雀の二代目、早乙女太一くんは、二人とも北野武監督の「座頭市」 に出演していて、有名な「下駄タップ」場面で演じたタップダンスも披露。
これぞ大衆演劇!だったのは「お花(ご祝儀)」。演じる役者さんが花道に来たときに、さっと寄っていき、扇状に束ねた万札を着物の襟に付けてあげるのです。
悲しい内容の演歌に合わせて、思いつめた表情で演じながらも、お札の襟が付いているのって、ちょっとびっくりしました。

それにしても、私の予想をはるかに上回る感動! とくにウワサの太一くんの美しさといったら。若干15歳だというのにこの色っぽさはなんだ!? リズム感がいいのかな、アップビートの曲がとくにすばらしいと思いました。

三部は舞踊劇。大五郎くんと太一くんが道行を演じます。赤い風車を媒介に、次々と変わる場面。大満足でしたねー。今日が最終日ですが、また次の公演、ぜひ観に行きたいものです。

カメラ持って入っちゃいけないと思っていたら、みんなバシバシ撮ってました^^; 携帯のカメラで撮ったのは、まったく映っていませんでした…。
d0028327_12531138.jpg

d0028327_12533091.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2007-01-30 12:53 | 浅草 | Comments(0)
新年会はロシア料理
辻屋も入会している「浅草 槐の会」の新年会が、過日開かれました。場所は同じく会員の老舗ロシア料理店「マノス」。
d0028327_1159312.jpg


槐の会には、以前、メルマガでお話をうかがった、てぬぐい「ふじや」店主の川上さんを会長に、浅草をもっともっと魅力ある街にしようという人たちが集まって、いろんなことを考えています。
現在、放映中のテレビドラマ「浅草ふくまる旅館」では、江戸町の風情を楽しめる、伝法院通りがよく登場しますが、その町並みをリニューアルした立役者、らーめん「与ろゐ屋」の松本さんも東奔西走、ほんとうに頭が下がります。
扇専門店「文扇堂」の荒井さん(和装人インタビューに出ていただきました)は浅草に芝居小屋をつくろう!という運動で先頭に立ってくださっています。
http://www.asakusa.gr.jp/

この新年会でも、2008年のご開帳に向けて、奥山風景や平成中村座のことなど、興味深い話をいろいろ聞きました。これからの浅草、ますます楽しみですよ!!

さてさて新春歌舞伎に出演されている歌舞伎役者さんたちが、毎年恒例で顔を出してくださるのですが、今年も…! 役者さんがこんなに間近に!!
d0028327_121429.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2007-01-24 12:01 | 浅草 | Comments(0)
餅つき大会!
ご近所のKさんに誘われ、久々にお餅つきを楽しんできました。朝9時過ぎ、うちから徒歩20分位の公園に行くと、Kさんが以前住んでいた町会のお年寄りから子供まで、たくさんの人々が集まって、すでに盛り上がっていました。
子供の頃は、辻家でもお正月に餅つきをやったものですが、本当に久しぶり!
Kさんが紙コップに注いでくれた日本酒をちびちびなめながら、あべかわ、きなこ、大根おろし、あんこ…。つきたてのお餅って、こんなにおいしかったっけ!
せっかくだから、私もつかせていただきました。杵をまっすぐにおろすのって、難しいです。
年季のはいったおじいちゃん、さすがに上手かった。
d0028327_0405018.gif

[PR]
by TomitaRie | 2007-01-22 00:41 | 横浜 | Comments(0)
新春浅草歌舞伎
若手の活躍で毎年注目される「新春浅草歌舞伎」、金曜日に観て来ました! いつも浅草花柳界の芸者さんたちがずらりと並んでお出迎えしてくれるこの日ですが、開演ぎりぎりに飛び込んだので、残念ながら間に合いませんでした;;
演目は、「義経千本桜」の「渡海屋」「大物浦」。渡海屋銀平、実は平知盛を演じたのは、中村獅童。血まみれの白装束で、最期は大碇の綱を体に巻きつけ、仰向けざまに海へ落ちる役どころは、獅童にぴったりと思われました。

二幕目は「身替座禅」。狂言を原作とした、楽しい演目です。恐妻家のくせに遊び好きの山蔭右京に中村勘太郎、嫉妬深くてコワい奥方、玉の井に片岡愛之助、太郎冠者は中村亀鶴。右京の身軽さ、ユーモラスな演技は魅力的で、勘太郎丈の芸に目を見張りました。そして愛之助丈のコワ面白い玉の井には、大笑い。なかなかよかったです。

いつもは入り口で、家族そろって写真を撮るのですが、今年は母がいない寂しさで、父はさっさと店へ戻ってしまい、妹と私はそれぞれ写真を撮り合いました。

d0028327_13522494.jpg
d0028327_13523115.jpg
d0028327_1354479.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2007-01-14 13:52 | 浅草 | Comments(0)
池田重子コレクション「日本のおしゃれ展」
昨日、友人と銀座松屋で開催中の池田重子コレクション「日本のおしゃれ展」に行ってきました。せっかくだから、着物で行きましょうということで、私は母の縞のお召し、友人は白地の小紋と、ちょっとお正月らしい装い。
まずは銀座一丁目の和食店「一乗寺」へ。路地を入った古い木造一軒家。2人とも行ってみたかった店で、雰囲気は大正か昭和の初めといった感じ。ランチもお値段のわりに十分満足できる内容でした。
d0028327_2357130.jpg
d0028327_23571290.jpg

そしていよいよ、本日の目的の会場へ。昨年暮れ、テレビ朝日「徹子の部屋」のゲストでこの展覧会のことを紹介されていて、楽しみにしていました。池田先生は、あるひとつの帯留に出会ったことがきっかけで、以来三十余年にわたり、着物・帯、髪飾りなど着物まわりのコレクションを続けてこられたそうです。
昔の着物は色や柄が現代のものにはない魅力があり、手のこんだ染めや刺繍に圧倒されます。なんといってもコーディネートにため息が漏れました。
梅の模様の訪問着に、綴れ丸帯も梅の柄、梅の刺繍半衿、帯留には象牙の鶯。
インド更紗、シャム更紗、和更紗をはぎ合わせた着物に、金更紗の帯、帯留には金蒔絵の孔雀。
髪飾や帯留のコレクションも、どれもまさに美術品。女性なら誰もがうっとりするでしょうね…。袋物もいろいろあって、やはり昔の物は籠にしても非常に繊細。鎧の小札(こざね)を綴る縅糸(おどしいと)と呼ばれる組紐や革紐で作られた袋物など、めずらしいものもありました。
今回はショールも充実していて、アールヌーヴォーやアールデコなショールがずらり。
私がとくに見たかったのは、実は「ダンス履き」という草履です。番組でも紹介されていて、その名のとおり大正時代から昭和初期に、ダンスを踊るために作られた草履だそう。高さのあるフエルトの台で、表は柄の織り込まれたビロードでした。いっしょに番組を見ていた父は「うちでも売ってた」と言ってました。
と突然、会場に「池田重子先生のサイン会が始まります」というアナウンスが流れ、いそいそと写真集を買い、サインをしていただきました。思いがけないラッキーでした!友人はインドで買ったビーズのバッグを池田先生に誉められ、大喜び。
食い入るように見たのでへとへとにくたびれ、エレベーターで1階に降りたところ、偶然、池田先生が通りがかり、ふと足元を見ると、「あれっ!うちの下駄!?」
いつも辻屋でお買い上げいただいている、黒塗りの芳町に白の革鼻緒。なんだか新年早々、うれしい出来事でした^^
銀ブラするにはちょっと疲れていたので、新橋の椿屋珈琲店でひと休み。ちょうど銀座のクラブなどのお姉さん方の出勤時間。今日が新年の初出勤らしく、皆さん晴れ着で、髪に稲穂を飾っていました。
[PR]
by TomitaRie | 2007-01-11 00:29 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)
新年は好天なり
仕事の合間をぬって3日に寒川神社へお参りに行ってきました。お世話になっている問屋さんは、浅草からわざわざ毎年行くと聞いていたので、実家と店の今年の無事をお願いするために、御札をもらいたかったんです。
相模國一之宮であり、地相・家相・方位・厄年・交通などに由来する災難を祓う、八方除の守護神としてかなり古くから信仰されているようです。
JR相模線の宮山駅で降りて数分歩くと、大きな神社が見えてきます。あたりは、新潟にいた頃を思い出すような、のどかな田園風景。神奈川県ってこんなにのんびりした所もあるんだなぁ。
d0028327_1013759.jpg
d0028327_10131574.jpg

さて日付変わって7日。横浜で新年からラッキーな風景を見ました! お正月で排気ガスがないところに加えて、前日のすごい嵐ですっかり空気がきれいになったその日。夕方、大桟橋に行ってみると、赤レンガ倉庫の向こうに、富士山がくっきり!! 何度も来ているけれど、富士山が見えたのは初めてです。シャッターチャンスとばかりに、カメラと三脚を構えた人も多くいました。日が暮れるとともに、影富士と、みなとみらいのイルミネーションが一度に眺められて、寒いのも忘れて眺めていました。おまけに、豪華客船「飛鳥」も停泊していて、とっても得した気分です。

d0028327_10211915.jpg

d0028327_10234696.jpg

d0028327_10235695.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2007-01-09 10:24 | 横浜 | Comments(0)
元旦の浅草
旧年中はブログを読んでくださって、ありがとうございました。今年はもうちょっと早い更新を心がけますので、どうぞよろしくお願いいたします。
元旦は朝のうちは青空が広がり、初日の出もきれいに見えたようです(とラジオで言ってました)。浅草も駅に着いたときからすごい人出で、店に向かうために仲見世を突っ切るのが至難の業。
d0028327_12184048.jpg

元旦は例年通り、少し遅めに開店しました。とはいっても人出の割りに忙しくないのもいつもどおり。帰りに観音さまでお参りしていこうと、仲見世を通ると、コマチヘアのユキちゃんが、日本髪を結ってました。
d0028327_1219472.jpg

本堂には夕方になっても長い列。とても今日は無理と諦めて、屋台をひやかしながら帰宅。
d0028327_12205227.jpg
d0028327_1221366.jpg
d0028327_12211156.jpg


妹に聞いた、大晦日のちょっとおもしろい話。夕方、妹が店番をしていると、顔の半分をヴェールで隠したイスラム系の女性たちがワラワラと何人も入ってきて、あっという間に店の中が、ヴェールの女性でいっぱいになったそうです。そしてどこかの国の言葉で何かを言いながら、小学生くらいの女の子たちが、あれこれ草履や下駄を履きはじめた。「ちょっ、ちょっと待って下さい!それは白木だから履かないで…」と妹が止めようとしたところ、通訳の人が来て、「王妃様がお土産に日本の草履や下駄を買って帰りたいのです」
「??王妃!?」訳もわからず妹が呆然としていると、これとこれとこれ…20分くらいの間で何足か選び、7万円ほど買い物をしていかれたそうです。
アラブの国の王妃様の家族だったのですね。草履のことはわからないながらも、デザインや色の気に入ったのを選び、それがなかなか良い趣味だったとか。
浅草は世界中からいろんな人がやってくる町です^^
[PR]
by TomitaRie | 2007-01-02 12:28 | 浅草 | Comments(0)