<   2008年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
奥山風景、いよいよラストスパート! 
母の三回忌に合わせて浅草に帰ってきました。
浅草寺の裏で行われている「奥山風景」もいよいよ残りわずか。今さらですが^^;たくさん出店しているなかで、とくに興味を引かれた方々に取材させていただきました。

組みひもの「桐生堂」さん。複雑な組み方のものは、もっと大きな道具で作るそうです。
d0028327_1674244.jpg


歌舞伎文字 勘亭流の田中さん。歌舞伎の看板や番付などに使われる独特な書体、あれが勘亭流です。1000円で好きな文字を団扇に書いて下さるというので、お願いしました。
d0028327_1612582.jpg


江戸木箸「大黒屋」さん。長い板に箸を固定して、鉋で削っていきます。江戸弁が粋なご主人は三味線もお上手で、ぽろぽろんと爪弾きながら。
d0028327_16173327.jpg


「長尾版画店」の長尾直太朗氏は知る人ぞ知る浮世絵摺り師。長尾さんご自身が浮世絵に登場しそうなたたずまいの方です。この日はご本人は店の外に座っていらして、お弟子さん(息子さん?)が一心不乱に刷っていました。
d0028327_16223385.jpg


さて浅草寺のお庭「伝法院」も特別に公開されていて、久々に見学しました。この前に入ったのは成人式だっけ? 私が子供の頃はいつでも入れて、よく祖母と母といっしょに散歩したものでした。
d0028327_16253727.jpg


さらにさらに、両国の江戸東京博物館で公開中の「浅草今昔展」も大急ぎで行って来ました。
写真は中村座の歌舞伎小屋。
d0028327_1627178.jpg


奥山風景と浅草今昔展についての詳しいレポートは、メールマガジンにて配信する予定です。ご興味がある方は、ぜひ読んでみて下さい。
[PR]
by TomitaRie | 2008-11-15 16:28 | 浅草 | Comments(0)
落語と魚市場
秋の連休、「博多・天神落語まつり」が開幕。三遊亭楽太郎師匠の掛け声のもと、今年で第二回目。テレビでもお馴染みの豪華顔ぶれが勢ぞろい。
私は今回の和装人インタビューに出ていただいた立川生志師匠が出る公演に行ってきました。他に、立川志の輔、談春、ぜん馬各師匠が揃い、生志さんの10回目!の真打披露ということした^^
生志さんは「紺屋高尾」という人情噺、私はこれで3回目ですが、何度聴いても感動します。
d0028327_1535211.jpg
d0028327_154968.jpg


今日は東京・恵比寿で「着物日和」というイベントが行われているはずで、福岡でも門司港で開催されるとのこと。落語が終わったらその足で行こうかと思ったのですが、体調がいまひとつ。今回は諦めることに。
柳橋の市場で今日一日、イベントがあるというので、行ってみました。ここは地元の店もよく利用するということで、アーケードにびっしり、魚介類をはじめ、野菜や豆腐、てんぷらなどの小さな店舗が並んでいます。
とらふぐのお造り900円、刺身3種盛り200円、鯛のアラ200円をget。ついでにお餅屋さんでお赤飯も買って、晩ごはんは豪華なお皿が並びました。
d0028327_159216.jpg
d0028327_1591632.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2008-11-03 15:09 | 福岡 | Comments(0)