<   2009年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
博多で歌舞伎、始まる!
来月より博多座で歌舞伎が始まります。
思えば昨年6月の半ばに福岡に来て早1年。
引越しは人生で6回目。なのに毎度あたふた、くたくた。
去年も必死で片付け終わって、最初に外出した先が博多座!
なんとか千秋楽に間に合ったのでした。

博多座には恒例の「船乗り込み」といって、役者さんたちが「ご当地到着」を船に乗ってお披露目するという、風流な行事があります。江戸時代に始められたそうで、全国では大阪と博多のみで行われているとか。

ワクワクして、博多一十さんの入り口に着いたとき「本日の船乗り込みは中止でーす」のアナウンス。
なんでも風が強いと危険なのだとか。ほんとにがっかりです。
今年の出演は、橋之助、扇雀、勘太郎、七之助、愛之助、門之助、亀蔵といった若手の人気役者。川端の特設ステージで、ズラリ並んでご挨拶がありました。

夜の一十さん開催「結びの学校」での中塚一雄先生の着物学講座はいつもどおり大盛況。
この日は「歌舞伎を12倍楽しく観る方法」。
d0028327_14331991.jpg
d0028327_14333915.jpg
来月の歌舞伎観劇が楽しみです。
[PR]
by TomitaRie | 2009-05-30 14:37 | Comments(0)
三社祭 2、3日目
2日目はまずまずのお天気。
観音様の補修工事をしているので、例年のような勢揃いとはいかなかったようですが、44カ町のお神輿が集まり、浅草中がお祭一色に。
私もいつものように、お揃いの着物で神輿について歩きました。
d0028327_104976.jpg
d0028327_1049263.jpg
d0028327_10495139.jpg
d0028327_105088.jpg
d0028327_10504090.jpg


そしていよいよ最終日。明け方から雨脚が強く、宮出しから帰ってくる人たちはみんなずぶ濡れ。仲見世町会のあたりまではずいぶん降られましたが、10時過ぎ、我が西町会に一之宮がまわって来た頃、幸運なことに雨も上がっていました。
d0028327_10551684.jpg
d0028327_10553486.jpg

事故もなく無事次の町会に渡し、その後は町会神輿の渡御。夕方まで町を練り歩きます。そして夕方、名残惜しみつつも、神輿は戻り、お祭りも終わりました。
[PR]
by TomitaRie | 2009-05-18 10:55 | 浅草 | Comments(0)
三社祭・初日
今年も、三社祭が始まりました。
土・日は観光客も大勢来るし、神輿の担ぎ手も全国から集まり、ものすごい混みようですが、金曜日はどちらかというと、町の人たちのお祭りといった風情です。
昼間の鳶頭木遣り、芸妓連の手古舞、白鷺の舞など大行列が練り歩き、その後、浅草神社で「びんさら舞」の奉納、町神輿へ御霊入れの儀。
d0028327_23451197.jpg

d0028327_23454111.jpg


夕刻からは、六カ町(浅草南部の六町会)が宵宮を出します。和やかで、町の人がみんなウキウキしていて、「あー、今年も三社祭が始まったんだなぁ」としみじみ嬉しくなります。
d0028327_23485368.jpg

d0028327_11133712.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2009-05-15 23:48 | 浅草 | Comments(0)
阿蘇の大自然
週末、墓参りと親戚を訪ねるため熊本へ。夜は南阿蘇の知り合いの家に泊めてもらいました。
築60年の古民家に夫婦と子ども2人、ほぼ自給自足で暮らしています。野中夫婦はまだ40歳そこそこ。15年前に福岡から移り住んできました。
それまで中洲の大手チェーン飲食店で、昼夜逆の生活を送っていたのが、いまでは自分たちで米や野菜を作り、薪を割り、竈でご飯を炊き、五右衛門風呂に入るという日々。
「自然の中で毎日、気持ちいいだろうなぁ!」と口で言うのは簡単ですが、都会からやってきた人間にとって、並大抵のことではないと思います。でも彼らは不便そのものを楽しんでいるように見えました。
奥さんのけいこさんは、時々、料理教室も開いています。昨年、「自然がくれた愛情ごはん」(アノニマスタジオ)という本を出しました。写真はすべて、旦那さまの野中さんが撮っています。
d0028327_23505410.jpg


よく晴れて、からっとした空気でドライブ日和。阿蘇の雄大な風景は素晴らしいのひと言。ちょうど通りがかった阿蘇神社にもお参りしました。
帰りがけに日帰り温泉でひと風呂浴びて、家路についたのでした。
d0028327_23521552.jpg

d0028327_23524283.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2009-05-11 23:52 | Comments(1496)
博多どんたく
「博多どんたく港まつり」が開催されています。
200万人を超える人が訪れ、毎年ゴールデンウィーク中の人出が全国ナンバーワン。
どんたくの源流、博多松囃子は、830年の伝統があるとか。
さぞかし面白いのだろうと、見物に行きました。
いろんなジャンルのどんたく隊が、しゃもじを鳴らしながら、踊ったりもしながら、パレードをする。
「GW中の人出ナンバーワン」の理由がわかりました。
とにかく、参加者の数がものすごく多い。出場団体は約190団体、約19,000人!
参加者それぞれの家族や友人、仕事先等々、関係者が見に来るとしたら、それだけでもかなりの人出ですよね。
それにしても、いろんな地域や企業、小中高校の子ども達のほか、舞踊やダンスの会はもちろん、家庭倫理の会、年金者組合どんたく隊、バナナのたたき売り愛好会、日向ひょっとこ踊り愛好会などなど、世の中にはいろんなことをやっている人たちがいるもんだ、と感心しました。
d0028327_17431375.jpg
d0028327_17433255.jpg
d0028327_17434253.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2009-05-04 17:44 | 福岡 | Comments(1)