<   2009年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
昭和レトロな街、小倉
レトロなイメージを売り出している町が最近ありますが、北九州市の小倉は、作りものでない「昭和レトロ」を感じます。
小倉の人にとって、それが嬉しいかどうかは別として。
これがわざとらしかったりすると、商売の色が出てしまってシラケます。そうじゃないところが素晴らしい。なんだか、ホッとするのです。
小倉の特徴は、そういう部分をもっとアピールすればいいのにと思います。
地方都市が全国どこでも同じような町になっていくのは、残念なことですから。

d0028327_2364179.jpg

木調の橋の向こうに、煙突が見えるところがいい感じ。

d0028327_237682.jpg

庶民の台所、旦過市場。

d0028327_2372866.jpg

古い洋館。その昔は○○医院だったらしい。現在はブティックが入っていました。

d0028327_2374680.jpg

「角打ち」とは酒屋さんの店先で、立飲みのこと。東京などでスタンディングバーが流行っているけど、ここではずーっと昔からこのスタイル。
[PR]
by TomitaRie | 2009-06-28 23:17 | 福岡 | Comments(0)
絶景かな~
週末、博多座歌舞伎、夜の部へ。「木下蔭真砂白浪(このしたかげまさごのしらなみ)」は屋体崩し、大立ち回り、宙乗りなど、派手な演出が理屈抜きに楽しい演目。
石川五右衛門に橋之助、久吉に愛之助、仁木太郎に勘太郎、お峰に扇雀と、若手が大活躍。
五右衛門が極彩色の壮麗な山門で桜を眺めて「絶景かな、絶景かな」という台詞の、あの有名な場面。
真柴久吉(つまり羽柴秀吉)に謀略を見破られた五右衛門が、宙乗りで宙に浮かんだ葛籠の中から、姿を現す「葛籠(つづら)抜(ぬ)け」。
歌舞伎の醍醐味がこれでもかと詰まっていて、時間が経つのも忘れました。
長唄舞踊は七之助の「藤娘」。見るたび美しくなってゆく七之助くんです。
d0028327_19281736.jpg
d0028327_19283314.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2009-06-08 19:28 | 福岡 | Comments(0)