<   2009年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧
豪雨の中、お祭
先週末から福岡が豪雨で多大な被害にみまわれたのは、ニュースでご覧になったと思います。
尋常ではないな、とは思ったものの、これほどの被害が出るとは…。我が家は幸い無事でしたが、時々自転車で買い物に行くくらい、すぐ近くの地域に避難勧告が出ていたりで、本当に恐ろしいことでした。

土曜日、天気予報では雨はあがり、夜までもつらしい。ということで、戸畑祇園大山笠のお祭りを見に行くことに。前日は電車も止まっていたので、大丈夫かなぁと思いつつ向かったが、何事もなく目的地へ到着。
国の重要無形民俗文化財にも指定されているこのお祭り。
見どころは、山笠の幟を下ろし、提灯を1段ずつピラミッド型に組み上げ、全部で12段、309個もの提灯大山笠を完成させるところです。
d0028327_16572025.jpg
d0028327_16573889.jpg
d0028327_16575565.jpg
d0028327_16581392.jpg
d0028327_16582847.jpg


いよいよ山笠が集合、開会式が始まる頃にまた雨が降り出しましたが、幟から提灯に変わるところは奇跡的に雨がやみ、きれいな提灯の明かりの山笠を見せてくれました。
各山笠が何周か回ったところで、再び激しい雨が降り出し、とうとう提灯はとりはずされましたが、少しの間でも光の競演を堪能できたのはよかった。
帰りの電車は遅れに遅れ、博多にたどり着いたのは夜中でした。
[PR]
by TomitaRie | 2009-07-27 16:58 | 福岡 | Comments(0)
江戸の町、昭和の町
久々に遠出して、大分方面へ。
まず訪れたのは、日田の豆田町。江戸初期から天領となり、九州の経済、文化の中心として栄えました。県内最古の商家や蔵屋敷が建ち並び、商人町としての町並みが残っています。観光地のけばけばしさ、わざとらしさがまったくなくて、これほどいい感じに残っている町は、まさに奇跡的。
d0028327_15165474.jpg

d0028327_15171245.jpg
d0028327_15173564.jpg
d0028327_15175342.jpg


次に豊後高田へ。「昭和の町」として有名になり、今では全国から観光客が来ています。私たちが到着したのは夕方4時過ぎで、この日はキャンドルナイトの催しがあるためか、そろそろ店じまいのようすでしたが、町をちょっとだけ歩いて昭和の雰囲気を味わうことができました。
昔懐かしい町並みはもちろん、電器屋さんなら古いテレビ、魚屋さんなら古い冷蔵庫、というように、各商店がそれぞれ昭和の時代に使っていた物、店の歴史などをを展示しているのがおもしろい。

d0028327_15214160.jpg
d0028327_15215753.jpg
d0028327_15221316.jpg
d0028327_15222923.jpg
d0028327_15224517.jpg
d0028327_15225933.jpg



豆田町、豊後高田、それぞれ町の人々の並々ならぬ努力が実を結んでいるのだと思います。町づくり、町おこしのために方向を一つにして、力をあわせていくことの大変さは、商店街で育った私には身にしみてわかるのです。
[PR]
by TomitaRie | 2009-07-19 15:23 | 福岡 | Comments(0)
男たちは走る、走る!
13日は「集団山見せ」といって、那珂川を越えて舁(か)き山が福岡に乗り入れます。
「博多」と「福岡」はごっちゃにされることがよくありますが、厳密には商人町・博多と城下町・福岡は那珂川で区切られているそうです。
福岡ソフトバンクホークスの王貞治会長さんをはじめ、地域の名士が「台上がり」するのが慣わし。
一番山に乗っている王さんを見ようと思ったのに、いざ舁き山が近づいてきたら、勢い水を除けようとしている間に行ってしまった^^;
小さな子どもから、血の気の多い若者、お腹の出たおじさん、年季の入ったお年寄りまで、とにかくみんな、走る、走る。
d0028327_1642789.jpg
d0028327_16422395.jpg
d0028327_16423742.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2009-07-14 16:42 | 福岡 | Comments(0)
博多祇園山笠いよいよ…
12日は追い山のリハーサル「追い山ならし」。夕方、一番山笠が櫛田神社を舁き出し、七流が順にスタートします。
昨年は櫛田神社の前で見物しましたが、ものすごい人ごみで大変だったので、今年は博多の知人に教えてもらって、承天寺の前で待機。
夕方なのに風もほとんどなく、蒸し暑さに朦朧としつつも、舁き山を待ちます。午後4時過ぎ、一番山笠の東流が走ってきて、清道を回り、あっという間に走り去る。見物人は勢い水をバシャバシャとかけます。
七流が次々とやって来ては水をかけられ、走り去ってゆきます。本番でないとはいえ、すごい迫力!
d0028327_13104435.jpg

d0028327_1311199.jpg

d0028327_13125697.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2009-07-13 13:11 | 福岡 | Comments(0)
江戸と博多のコラボ?
博多帯専門店「博多一十」にて、東京染小紋初の女性伝統工芸士、岩下江美佳さんの作品展が行われていました。
作家さんご本人もみえていて、江戸祭装束の中に博多山笠Tシャツを着ていらっしゃるのが面白くて、思わず写真を撮らせてもらいました^^
少し前に、アクロス福岡で作品を拝見し、いつかお会いしたいなと思っていたので、お目にかかれて嬉しかったです。
江戸小紋というと、ちょっと硬派なイメージで、式典や茶会などあらたまった席に着ていくことが多いですが、岩下さんの作品は、女性らしい目線で、着る人の気持ちに沿っていると感じました。お出かけ着物として、現代の生活では着て行く範囲が広いと思います。
一十さんの博多帯にもよく似合いそう!
d0028327_18591478.jpg
d0028327_1859293.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2009-07-11 19:00 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)
「山笠」安全祈願の茶会
博多祇園山笠が本格的に動き始める直前、博多の聖福寺(日本最初の禅寺)で、茶会が開かれました。
東流(七流のうちの一つ)が11日の早朝、聖福寺で「博多祝い唄」を歌って敬意を表することへのお礼なのだとか。
朝から雨で時折強く降り、ひどい蒸し暑さで、着物を着るには難儀なお天気でしたが、私たちはそれぞれ博多献上帯を締め、お茶や懐石料理を運ぶお手伝いにいきました。

役員の方々は皆さん、藍と白の久留米絣が涼しげな「長法被」をお召しになっておりました。山笠の期間中、「長法被」は正装として認められており、結婚式などもこれを着ていくのだそうです。
お手前をされた方も長法被で、とても格好よく、本番前のお稽古の写真を撮らせていただきました。
d0028327_16521161.jpg
d0028327_16522761.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2009-07-09 16:52 | 福岡 | Comments(0)
ゴリマッチョの下駄
サントリー「プロテインウォーター」のCMで、中村獅童と松田翔太の「細マッチョ」と向き合って踊る「ゴリマッチョ」たちが履いている下駄は、辻屋の下駄です^^
何ヶ月か前、「あちこち探してやっと見つかりました~」と十数足も買っていく人がいて、「何に使うんですか?」と聞いたら、このCMだったとか。
獅童ファンの妹は大喜びしつつも、「履くのはゴリマッチョたちなんだよね…」とちょっと残念そうでした。
http://www.youtube.com/watch?v=ieHfH73ev68
d0028327_1634927.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2009-07-07 16:31 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)
7/7早朝、テレビ出演!
7月7日、七夕の朝のニュース番組に、辻屋本店が紹介されます!
古閑陽子アナウンサーがwebmaster父にインタビュー、下駄の説明や挿げの実演をします。
早起きの方、昼夜逆転の方^^、テレビをつけたら見てくださいね。

日本テレビ系列
「oha4! NEWS LIVE」(朝4:00~5:20)
放映日時:7月7日(火) AM4:19~ 5分
コーナータイトル「ここが知りたい」
d0028327_14425511.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2009-07-06 14:43 | 浅草 | Comments(0)