<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
隅田川花火大会
中止を危ぶまれつつ無事、隅田川花火大会が開催され、美しい大輪の華を満喫しました!
地方を転々としていたので、何年ぶりでしょう、隅田川の花火を見たのは…

夕方4時頃、デザイナーの芝崎るみさんが、「浴衣レスキュー隊」でいらっしゃいました。
d0028327_1832689.jpg

この日はさすがに浴衣の男女がたくさん。
でも時間が早いせいか、着崩れている人はあまりいなかったです。
一人だけ、買ったばかりの浴衣と帯を持って下駄を買いにみえた男性が、
最初から着せて欲しいということで、るみさん活躍!
浴衣レスキューの使命は、ホントは着崩れ直すだけなんだけどね・・・^^

父と妹と一緒に、日本舞踊家・胡蝶さんのご自宅におじゃまさせていただいたんですが、
これがすごいロケーション!! 2会場の花火はもちろん、正面にスカイツリー、
浅草寺の五重塔。
おまけに遠くの花火大会(ディズニーランドと松戸?)まで見えちゃう!
d0028327_18272024.jpg


近所のお店屋さんのお料理以外にも、胡蝶さんお手製の冷製スープや煮物が
おいしくて、疲れが癒されたのでした。
そのうち、お座敷がすんだ聖子ちゃんと千乃ちゃんが、鬘も衣装もつけたままで
やってきました。花火に芸者さん、なんて贅沢な光景!
d0028327_18355257.jpg

胡蝶さんと聖子ちゃん。
d0028327_18361360.jpg

千乃ちゃんと父。
d0028327_18365091.jpg

千乃ちゃんと私。

そして、千乃ちゃん越しの花火!
d0028327_18374784.jpg


千乃ちゃんは今年で10年目なんだそうです。
「和装人インタビュー」に出ていただいたのは、芸者さんになりたての頃でした。
女っぷりはますます磨きがかかったけど、
千乃ちゃん自身はあまり変わってなくて、なんだかとても嬉しい気持ちでした。
[PR]
by TomitaRie | 2011-08-28 18:39 | 浅草 | Comments(0)
和装イケメン
8月21日をもって新仲店の営業は終了、
今後は本店1店舗に集約することになりました。
在庫の移動や荷物の片付け、大掃除などのため
ここ数日は作業着で店頭にも立つことになり
(人手が足りないので申し訳ない!)
皆様には失礼しております。
そんなときに限って、和装イケメンが次々ご来店。
もっと小ぎれいにしてる日だったらよかったのに・・・
ま、どっちでもいいことか。

日曜日には和裁士の伊藤竜太氏がご友人を連れて。
竜太氏はいつものように絶妙なカラーコーディネイトで、
紫の木綿の着物に鮮やかな色のレーヨンの羽織、
足元は紫の足袋で、赤い鼻緒の白木下駄は辻屋のもの。
ご友人は、写真では判りづらいですが、白地に黒猫のイラストが
描かれている着物なんです。
本柾目で印伝鼻緒の白木下駄をご購入してくださいました。
d0028327_15302485.jpg


そして今日は、よくご夫婦で遊びに来てくださるT氏が
お連れさまの男性とご来店。
お二人ともすっきりした小千谷に献上の博多帯をお召しで、
足元は素足に雪駄。
とってもダンディな装いでした。
d0028327_15265644.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2011-08-23 15:27 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)
浴衣で女子神社ツアー
お盆休みの1日、神社を愛する女子が集まる「女子神社ツアー」に参加しました。
http://www.kagurame.com/
私自身は2度目の参加ですが、この日はパワースポット・スカイツリーを
眺めながらの浴衣ツアー、総勢7名。

集合場所は東武線・業平橋駅。もうすぐスカイツリー駅に名称が変更されるそうですが、
「えー、このままのがいいのに~!」と私たち。

炎天下、アスファルトで覆われた下町は照り返しも強く、
日傘なしには歩けないほどの酷暑でした。
d0028327_12541117.jpg

まず向かったのは牛嶋神社。
貞観二年(860年)、慈覚大師の御神託により創建。
5年に一度の大祭では、鳳輦(牛車)を中心とする古式豊かな行列が練り歩きます。
以前、知人家族に誘われて、うちのダンナさんは何度かお神輿を担いだことがあります。
d0028327_1317484.jpg

夏の青空をバックにスカイツリー。思わず撮影したくなります。
d0028327_13173514.jpg

次に向かったのは三囲(みめぐり)神社。
三越百貨店の三井家と縁が深く、ライオン像があります。
日本橋の本店に限らず、三越百貨店の屋上には三囲神社があるそうですよ。
d0028327_13234746.jpg

見てください、この愛嬌のある表情! 目尻の下がった温和な表情をここいらの職人言葉で
「三囲のコンコンさんみてぇだ」と言ったそうな。
後ろ姿。お尻にセミの抜け殻が・・・どこまでも可愛いヤツです。
d0028327_13361212.jpg

集合写真を可愛い巫女さん(アニメ声だった)に撮っていただきました。
d0028327_13395911.jpg


ここでランチタイム。お蕎麦屋さんに行こうと歩いていたところ、
ikKAという感じのよさげな一軒家カフェがあったので入ることになりました。
まずは冷たいビール!この日の参加者は飲めるクチが多かったのでした^^
d0028327_13381075.jpg

私が注文したのはラタトゥイユ丼。ヘルシーなカフェめしですね。
d0028327_13382574.jpg

最近、押上周辺では古民家をリノベーションしたカフェが流行ってますね。

お店を後にし、すぐ近くの足袋専門店「めうがや」さんへ。
私が1ヶ月程前に注文していた麻の足袋を受け取りに行きたい、と希望したところ、
皆さんも付き合ってくれました。
実はお休みだったのですが戸が開いていたのでうかがったところ、
快く対応してくださいました。ありがとうございます!
d0028327_1341354.jpg


この後は押上方面に歩き、「せっかくだから、おしなり君の家に行ってみよう」
という意見もあり、頑張って歩く浴衣女子たち。
おしなり君の家では地元のおじさん達がくつろいでいましたが、
どーぞどーぞと席をあけてくれました。
少し先にある「墨田もの処」で墨田区の職人さんの作る工芸品などを物色。
現在、和装人インタビューにUPしている三浦孝之さんのかんざしを、
私はここで購入したのです。

最後はこの辺りで人気の焼き鳥屋さんで乾杯! とっても充実した一日でした。
d0028327_13494620.jpg

(焼き鳥屋さんが開くまでの待ち時間に記念撮影。)
この日の私の浴衣は、竺仙の藍色地の竹柄。帯は浅葱色の麻の半巾。下駄は桜皮あしらいの三味角、白地の久留米絣の鼻緒です。
[PR]
by TomitaRie | 2011-08-15 13:24 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)
夜のキモノスイッチ
キモノスイッチさんが浅草・吉原に来た、と聞いたときから、
一緒に何かやりたいなーと思っていたのでした。
で、私が本格的に浅草に帰ってきた途端に
「夏の素足にゃ下駄コンテスト」を開催、
キモノスイッチの金子店長に審査員をお願いし、
無理やり(?)巻き込んだ次第^^;

しかしながら、デザイナー芝崎るみ氏の下駄愛がムクムクと湧き上がり、
辻屋vsキモノスイッチの下駄座談会まで開く始末でございます。

そんなところに、アミューズミュージアムにてパーティーやるよん♪
というメールがきたので、うちの若手職人・小林くんとお邪魔してきました。

そろそろ出ようかなーと思っていたところに、キモノスイッチパーティに行く前に
寄ってくださった和装塾の常連Tさん夫妻。
d0028327_22312755.jpg

d0028327_22314279.jpg

d0028327_2232150.jpg

お二人ともすごくおしゃれ!ダンナさまの煙草入れはいつも自作。
根付は奥さまがどこかの海岸で拾った貝殻なんだとか・・・なんてステキ!!
奥さまの帯留はクロムハーツの髪留を細い組紐に通したのだそうです。

会場はすでに浴衣姿の皆さんでいっぱい。
せっかくなのでTさんご夫妻と小林くんと記念撮影。
私の装いは、宮崎の染織こだまさん(第41回和装人インタビュー)で購入した阿波しじら
・・・和裁士・伊藤竜太氏(第39回和装人インタビューに縫ってもらった・・・に、
祖母の遺した羅の帯です。
写ってませんが下駄は桜の三味角に、白地の久留米絣の鼻緒。
d0028327_22352230.jpg


偶然、男の着物大全の早坂伊織氏にお会いし、久々にお話できました。
相変わらずダンディな早坂氏なのでした。

この日の見どころは、豊田コレクションの18禁、お色気手ぬぐいの展示、
そして友禅師・那須幸雄先生と、柘製作所社長の対談。
めったに見れない貴重な春画の友禅、そして美術館級の根付(お色気系)と、
こちらもオトナの美術鑑賞でした^^

「夏の素足にゃ下駄コンテスト」は9月3日(土)に
公開審査会を行いますので、ご興味のある方は見に来てください!
d0028327_2242546.jpg

d0028327_22431788.jpg

芝崎るみ氏は、うちの黒塗芳町(白革鼻緒)を履いて来てくれたよー!
(金子店長はカレンブロッソだけど!)
[PR]
by TomitaRie | 2011-08-12 22:44 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)