<   2011年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
感涙!懐かしのギャグ連発、伊東四朗&小松政夫
16日より「第4回したまちコメディ映画祭」が始まりました。
私はしばらく東京を離れていたので、今回は初体験。
昨日は午後3時頃~浅草公会堂前にレッドカーペットが敷かれ、
ゲストが次々に歩きました。
まずはテーマ曲を演奏する浅草ジンタ。
d0028327_10511572.jpg


その後、総合プロデューサーいとうせいこう氏に続いて台東区長、
そしてゲストの面々。
内海桂子師匠(89歳だとか!)、根岸のおかみさん海老名香葉子さん、
d0028327_10574718.jpg

谷中を愛する桐谷逸夫さん、かっぽれの櫻川梅后師匠、ポカスカジャン、
d0028327_1058381.jpg

ファンの女の子たちが大騒ぎだった小池徹平さん、生瀬勝久さん、堀内敬子さん、
d0028327_10583088.jpg

そしてコメディ栄誉賞に輝いた伊東四朗さん!
d0028327_10584694.jpg

私はこの人のギャグで育ちました^^

夜、六区の中映劇場で「進め!ジャガーズ敵前上陸」が上映されました。
戸塚睦夫、三波伸介と結成していたてんぷくトリオが出演している68年の古い映画。
その前に、いとうせいこう、高田文夫、伊東四朗のトークショウがあるというので、
こりゃ行かなきゃ!と。

下谷生まれの伊東さんが早稲田大学の生協で毎日牛乳瓶のフタを開けていたことや、
当時、六区のストリップ劇場でのコントの話、
浅草観音裏で毎日、居合抜きの大道芸を見ていて、それがすごく勉強になったとか、
石井均一座の舞台をやはり毎日見ていたら舞台に出ないか誘われて、
この世界に入った話などなど、もうすごく面白かったです。

そしたらなんと、そこに小松政夫さんが登場、
『みごろ!たべごろ!笑いごろ!』でのコントや
電線音頭の裏話、ベンジャミン伊東の登場秘話、
ニンドスハッカッカ、ヒジリキホッキョッキョは
小松さんの小学校の先生が言った言葉だとか、
ガッチャマンに負けるな、負けるなガッチャマン、
わりーね、わりーね、ワリーネデートリッヒ、
私にとっては、感涙もののギャグを連発してくれて、
小学生の頃、土曜日のお昼ご飯を食べながら、食い入るようにテレビを見ていたのを
思い出しながらも、大笑いさせてもらったのでした。
[PR]
by TomitaRie | 2011-09-18 11:13 | 浅草 | Comments(0)
江戸下町料理 宮戸川
メールマガジン「浅草発◎下駄を履いて歩こう♪」のコラム「和想なる日々」で
「江戸下町料理 宮戸川」さんを取材しました。

昼間からほろ酔いの観光客でにぎわうホッピー通りを通り抜け、花やしきの
手前を右に折れると「西参道」という商店街。踊り衣装などを扱う店が大部分
ですが、浅草寺に近い位置に、昨年5月にオープンした「宮戸川」があります。
私は4月に浅草に戻ってきて程なく、偶然みつけて以来、野菜や豆腐中心の
ヘルシーなメニュウと居心地の良い雰囲気、お店の人の感じよさが気に入り、
ぜひメルマガで紹介したい!と思っていた店です。

d0028327_1293074.jpg


「この場所は元々、僕の祖父母が軽食喫茶の店をやっていました。祖父が亡くなり、
祖母ひとりになったので軽食喫茶はやめたのですが、たまたま僕が飲食の道に
進んでいたので、この場所を引き継いだんです。」

キリッと男前の若き店主は桜井英二さん。浅草生まれの墨田区育ち。
「じいちゃんの場所で自分の店を持てることになり、浅草らしい、江戸に
ちなんだお店ができたらいいなと。自分なりに文献などを調べ研究しました。」

d0028327_129437.jpg


江戸の料理というと思い浮かべるのは鮨、天ぷら、蕎麦、鰻でしょうか。
それぞれの専門店はあるけれども「江戸料理」を売りにしているお店は
あまり聞いたことがない。会席料理を中心とした高級料理店は京料理が中心です。
「関東大震災が起きた時に、多くの料理屋や料理人がダメージを受けたため、
関西の料理が東京に進出したと言われています」と桜井さん。


気になるお料理の一部分をご紹介しましょう。

・天麩羅串
天ぷらを串に刺している、ちょっと珍しいスタイル。胡麻油を使った風味の良い、
軽い食感です。
「天ぷらは江戸時代には屋台でファストフードのように気軽に食べていたもの
でした。それをちょっと真似てみました。」

・飛龍頭(手作りがんもどき)、豆腐田楽
「江戸時代に『豆腐百珍』という、その名のとおり豆腐を素材に百のバリエー
ションを載せた本があったのですが、2つともその中で紹介されています。」
豆腐田楽は、甘い白味噌、普通のお味噌、胡麻味噌の3種類。

・揚げだし大根
私が必ず頼むメニュウ。大根は江戸人にとってなくてはならない野菜だった
ようです。江戸の味覚は「三白」…白米、豆腐、大根に集約され、共通するのは
どれも淡白でデリケートな味わいだということ。(『一日江戸人』杉浦日向子著より)

・かくやあえ
お酒のアテにぴったりの古漬けのあえもの。
「いろんな説があるのですが、家康に仕えた料理人、岩下かくやさんという人が
考えたといわれています。」

・いなりずし
「子どもの頃の味の思い出に、じいちゃんの店で出していた、いなりずしや
甘酒の記憶が強く残っていて、自分の店で引き継いでいきたいなと。」

・かめちゃぶ
「戦後の浅草の闇市で「かめちゃぶ」という丼飯を出していたと、僕が以前勤めて
いた店の上司から聞いて、自分なりにアレンジしてみました。」


日本酒はおもしろいラインナップで、東京の地酒が揃っています。
焼酎は、八丈島や三宅島で作っている焼酎がベース。
浅草散策の帰りに、江戸の風情を感じながら、ゆっくりお酒を楽しむのも
いいですね。二階は畳の部屋ですが、まさにおばあちゃんのうちに遊びに
来たような雰囲気です。


昼はランチもやってます。メニュウはこちら。
d0028327_1295327.jpg


私は「かめちゃぶ定食」をいただきました。
いわゆる牛丼。お漬物3種と海鮮サラダ、お味噌汁つきで900円という、
観光地・浅草では考えられないくらいサービス価格。
d0028327_12114325.jpg


「江戸下町料理 宮戸川」
台東区浅草2-7-13 西参道商店街
tel 03-3841-9362
水曜定休
[PR]
by TomitaRie | 2011-09-17 12:11 | 浅草 | Comments(0)
インターネット生放送に出演!
アボカドTV 煙管(キセル)チャンネルに出演しました。
下駄について語りまくる辻毅政名人…
四代目里枝もちょっと出てますが(^Θ^)

d0028327_12504083.jpg

d0028327_1251689.jpg


30分番組です。URLはこちら。
http://www.ustream.tv/recorded/17244497
最近、映像で撮っていただくことが多いです。
時代の流れですね。
[PR]
by TomitaRie | 2011-09-14 12:54 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)
「夏の素足にゃ下駄コンテスト」審査会開催!
7月から始めた企画「夏の素足にゃ下駄コンテスト」、無事閉幕いたしました。
応募してくださった皆さん、ありがとうございました!
そしていよいよ、審査会を開催、ついに‘素足に下駄キング’が決定しました~(パチパチ)!
大型台風が日本列島に上陸した週末、東京は大きな被害はなかったものの、
激しい雨が降ったかと思うと、カッと日射しが照りつける、不安定なお天気でした。
審査会の会場は、浅草1丁目、デンキブランで有名な「神谷バー」。
下町の気さくな雰囲気とレトロな佇まいで、観光客はもちろん地元の人も通うお店です。
テーブルを囲むのは、審査員の高橋大氏、伊藤竜太氏、伊藤竜太氏の友人のさくら君。
キモノスイッチから芝崎るみ氏、金子一昭氏。辻屋から父と妹、小林君、私。
d0028327_15123981.jpg


まずは乾杯!
d0028327_1517216.jpg

おいしいお料理もいただきました。
d0028327_15214689.jpg


応募写真は力作が多く、審査員の皆さんも真剣に・・・
d0028327_15313785.jpg

だんだん白熱する審査会・・・
d0028327_15322029.jpg

d0028327_15323623.jpg


ここで、神谷社長が登場!
浅草の5本の指に入るいい男です^^(私の独断です)
d0028327_15342540.jpg


そしていよいよ「素足に下駄キング」「素足に下駄クイーン」の発表!
d0028327_15351226.jpg

続いて「着物スイッチ賞」と「辻屋本店賞」も。

入賞者の写真、表彰については、またあらためてウェブ上で発表させていただきます。

最後はなぜか、下駄自慢。審査員の皆さん、辻屋の下駄を持って記念撮影です^^;
d0028327_15374012.jpg

d0028327_15375561.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2011-09-06 15:02 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)
キモノスイッチ展2日目
大型台風が四国に上陸、大変な状況になっているならしいが、
東京も日射しが照りつけたかと思うと雨が激しく降ったりと、
朝から不安定なお天気。
そんな中、キモノスイッチ展in辻屋本店2日目です。
d0028327_15182755.jpg

今日も木綿の着物に袴姿の金子店長。
シルクウールの袴は浅草の「ちどり屋」さんでgetされたとか。
着物はもちろんキモノスイッチ。肩の後ろの柄は刺繍に見えますが、
芝崎るみさんが描いたそうですよ^^
d0028327_1521875.jpg

着物男子応援企画の着物と帯。
d0028327_1522745.jpg

キモノスイッチのデザインって、黒と赤とか、ドクロとか、
パンクなイメージがありますけど、
金子店長も芝崎さんも、ポップで可愛いものが大好きなんだそうです。
そのへんの兼ね合いというかバランスが、ちょうどいい感じなんでしょうね。
d0028327_15272816.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2011-09-03 15:27 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)
辻屋リニューアル、そしてキモノスイッチ展
昨日9月1日より、辻屋本店は本店1店舗に集約し、
無事リニューアルオープンいたしました!
まだ片づけも中途半端で在庫整理もできてませんが、
徐々に新しい辻屋本店に変わってゆきますので、
今後ともどうぞよろしくお願いいたしますm(._.)m

新装記念ということで、本日より2日間、辻屋店頭にて
「キモノスイッチ展」を開催しています。
台風接近中の蒸し暑~い中、金子店長がお待ちしています!
d0028327_14181341.jpg

キモノスイッチといえば、本格的な注染の手ぬぐいや反物。
エヴァンゲリオンの手ぬぐいは、大人気ですよ!
d0028327_14193967.jpg

こちらの半巾帯は、大人っぽい雰囲気。
d0028327_14203077.jpg

鹿の子柄とレザーを組み合わせたキモノスイッチっぽい、かっこいい帯。
d0028327_14211042.jpg

今回、サイズが大きめな女子と、小さめな男子のために
キモノスイッチでオリジナル下駄を作りました。
名前は「蘭丸」。
辻屋で鼻緒を選んで、その場で挿げることもできますよ!
d0028327_14233886.jpg

明日、土曜日もやってまーす! 是非お越しくださいね^^
[PR]
by TomitaRie | 2011-09-02 14:24 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)