<   2012年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧
「請戸の田植踊」@明治神宮その2
明治天皇百年祭の2日目、閉店後、妹と一緒に明治神宮に駆けつけました。
原宿口の特設舞台で各団体の演舞がちょうど終わりに近づいたところで、
しばらくして皆さんが参道を本殿に向かって歩いて行くのに私たちも付いて行きました。
d0028327_17221483.jpg

d0028327_17222325.jpg

まるで森の中を歩いているような暗い道を進んでいくと、
ライトアップされた本殿が見えて来ます。
d0028327_17232434.jpg

d0028327_17233249.jpg

いよいよ、本殿前の広場で、7団体それぞれが踊りを披露しました。
私たちは請戸の田植踊の近くで見ていましたが、
子ども達の懸命に踊る姿に、この日も感動!
d0028327_17244820.jpg

d0028327_17245529.jpg

d0028327_1725353.jpg

d0028327_1725911.jpg

広場には、それぞれの団体が音を鳴らして踊っているので、
佐々木さんは子ども達ひとりひとりに聞こえるように、
マイクもなしに声を張り上げて、必死で歌っていました。

佐々木さんがうちの店に来てくれたお陰で、ご縁ができた浪江町の皆さん。
今回ようやく子ども達にも、そのご家族にもお会いすることができました。
私たちは、下駄くらいしかお役に立てなかったけれど、
逆に浪江町の皆さんからのお礼の言葉や踊る姿から、たくさん元気をいただきました。

本当に、心から感謝したいです。
[PR]
by TomitaRie | 2012-07-30 17:25 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)
ゆかた美人コンテスト
今日、母娘でみえたお客さまが、
「‘新橋こいち祭’のゆかたコンテストに辻屋さんの下駄を履いて出て、
グランプリをいただきました!」と写真を持ってきてくださいました。

コンテストの写真には、藍色地に水玉のゆかた姿に、
うちの黒塗芳町下駄を履いた姿が写っていました。
d0028327_18143488.jpg


なんだかとても嬉しいお話です^^
ちなみにグランプリ賞は「ハワイ旅行4泊6日」だって~

ゆかた美人コンテストのようすは、以下のURLで見ることができます。
http://www.shinbashi.net/top/koichi/2012/contest/
[PR]
by TomitaRie | 2012-07-29 18:15 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)
「請戸の田植踊」@明治神宮
今年7月30日は、明治天皇が崩御されてちょうど百年目であり、
7月28日(土)~30日(日)、明治神宮にて『明治天皇百年祭』が開催されています。
この催しに、昨年の東日本大震災で甚大な被害をこうむった岩手県、宮城県、福島県から
7団体が参加し、各地の郷土芸能を奉納します。

数ヶ月前のブログで紹介した「請戸の田植踊」の皆さんも参加するということで、
見に行って参りました。

風もない猛暑。参拝に続き、佐々木さん達が留袖で登場です。
d0028327_16175552.jpg

続いて子ども達も現れました。うちの下駄を履いてくれてます^^
d0028327_1622298.jpg

佐々木さんの歌に合わせて踊りが始まりました。
想像していたよりずっと難しそうな振り付けです。
なのに、5歳位の小さな子も堂々と踊っているのです。
d0028327_16282440.jpg

d0028327_16283116.jpg

田植踊は本来、浪江町では2月のお祭りなので、衣裳は冬用。
花笠までかぶって、ほんとに暑そうなのに、一所懸命踊っている子ども達。
胸が熱くなりました。
d0028327_16305395.jpg

この竹でできたカスタネットのような役目の楽器を鳴らしながら踊るのです。
d0028327_16314856.jpg

佐々木さんの歌も初めて間近で聴いて、ものすごく感動しました。
踊り終わったみんなと。
d0028327_16322141.jpg


まだ夜の公演もあるし、明日もあるので、タイヘンです。
熱中症にならないように頑張ってね~と手を振り、私は店に急いで戻りました。
[PR]
by TomitaRie | 2012-07-28 16:39 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)
浴衣で女子神社ツアー
神楽女会恒例、夏の「浴衣で女子神社ツアー」に参加してまいりました。
去年は猛暑の日で、ちょっと歩くだけでフラフラになりましたが、
小雨がパラついたものの、涼しくて助かりました。
今回歩いたのは神楽坂。
あまりよく知らないのですが、食料店や洋品屋さんが並ぶ普通の商店街に、
おしゃれな雑貨屋さんやカフェ、レストランが点在していて、住み心地よさそうな町です。
でも家賃は高いんだろうなぁー。

待ち合わせは毘沙門天。神社ツアーなのにお寺です^^;
d0028327_16461311.jpg

最初に行ったのは、赤城神社。
ガラス張りのモダンな社殿で、以前知人がイベントに参加したので来たことがあります。
参加者は全部で10人。浴衣女子が集まるとなんとなく華やぎますね。
d0028327_1649294.jpg

今日の私の浴衣は久々に袖を通した紫の薔薇の柄。
雨が降っても大丈夫なように半巾帯は帯源さんで購入した木綿。
足元は、桜皮の三味角です。
d0028327_16554832.jpg

隣接するマンションの1Fのカフェで早々にランチ。
神楽坂はなんでもオシャレですね。
d0028327_16501456.jpg


路地裏にもかわいいお店が転々としていて、ついついのぞいてみたくなる。
d0028327_16521399.jpg

次は筑土八幡神社へ。小じんまりした雰囲気のある神社でした。
d0028327_16534049.jpg

d0028327_16534941.jpg


ここで解散。私は浅草の店へ戻りました。
[PR]
by TomitaRie | 2012-07-22 16:54 | | Comments(0)
東京新聞に掲載されました!
創業100周年記念企画の下駄「天樹」の記事を、
今日の東京新聞・朝刊にて掲載していただきました!
(したまち版のページなので、掲載されていない地域もあるようです)

こんなに大きく取り上げていただけて、ほんとにありがたいです。
今朝、開店早々、3足のご注文をいただきました。
反響の大きさに驚いています!

すでに、売り切れの鼻緒もあります。
迷っている方、お早めにお申し込みくださーい!!
d0028327_1593049.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2012-07-21 15:08 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)
四万六千日。今年は暑かった!
四万六千日。ほおずき市です。
今年は平日なので静かかなーと思っていたけど、
お天気に恵まれたせいか、賑やかな浅草でした。
気温も30度近くなった2日間、うちの店はエアコンが故障していて、
店の中はライティングしているから外より暑くて、
それはそれはタイヘンでした・・・

店を閉めてから、観音様へ。なんつっても四万六千日分のお参りだからね。
d0028327_169452.jpg
d0028327_1695271.jpg

d0028327_1610252.jpg

d0028327_161099.jpg


10日は友人に誘われ、仕事を終えてから、寒空はだかさんのCD『スカイツリー音頭・決定版』
発売記念ライヴで巣鴨へ。
応援に立川志の輔師匠も駆けつけ(落語はやらなかったけど)、
最後にみんなでスカイツリー音頭を歌っている最中、
エアコン工事の業者さんから携帯に連絡が入り、
シャッターの下りた巣鴨商店街を着物で全速力で走る、走る。大慌てで浅草に戻った次第。

無事、新しいエアコンも設置され、節電に気を付けながら、この夏乗り切りたいと思います^^
[PR]
by TomitaRie | 2012-07-11 16:16 | 浅草 | Comments(0)
「初級・和食マナー講座」開催しました
7月8日(日)「初級・和食マナー講座」を開催しました。
会場は、浅草の老舗料亭「茶寮一松」さん。
素晴らしいお部屋とお庭のある純日本建築で、浅草とは思えない静かな佇まいです。

一松の女将さんとは浅草の町づくりの会で仲良くなり、
「とってもいい先生がいるわよー!」と紹介していただいたのが今回の講師、林小春先生。
関西の旧家で生まれ育った小春先生は、ちゃきちゃきした私の周りにいるタイプとは異なり、
ふんわりした雰囲気の可愛い先生です。

当初、着物で参加という条件にしようかと考えていましたが、
初めての人でも参加しやすいように、洋服でも、また浴衣でもOKということに。
本来、料亭さんに浴衣はNGですが、足袋を履けばよし、という条件で
女将さんと小春先生にご了承いただきました。

お庭が見えるすばらしい和室で、いよいよスタート!
足が伸ばせるテーブルで、正座が苦手な人も大丈夫♪
d0028327_13402197.jpg

d0028327_1340289.jpg


会席コースだと時間もお値段も大変なので、今回は会席弁当をご用意していただきました。
d0028327_13422419.jpg


途中何度か、和食マナーのクイズ。各自、〇と×の旗を挙げます。
d0028327_13432766.jpg

最後にお味噌汁とご飯、香のものが出て終了。
d0028327_13441131.jpg


私自身、学生時代の授業で、に西洋料理のマナーはありましたが、
日本料理は知っているようで知らないことがたくさんあることを自覚しました。
いざという時に恥をかかないように、ある程度の年齢になったら学んでおくべきですね^^

小春先生には当店ホームページの和装人インタビューでも、いいお話をたくさんお聞きしましたが、
「相手の人や周囲への気遣いがあれば、自然としぐさや振る舞いに現れる」という言葉は
深く納得できたのでした。
[PR]
by TomitaRie | 2012-07-09 13:48 | 浅草 | Comments(0)
「天樹」はこんな感じでお届けします!
創業100周年記念下駄「天樹」。
受注発注で1人ひとりのお客様に合わせて、台から作っています。
最初に発注した台がようやく喜多方から届き、職人の小林くんが台を磨いて仕上げ、
本日、第一弾を発送しました!

桐の柾下駄は、台が届くと、きれいに柾目が出るように最終的な仕上げをします。
かるかやという植物を束ねて作った「うずくり」という道具で磨いて木目を浮き立たせ、
「たま」と呼ぶ陶器でできた道具で磨いて光沢を出し、桐の美しさを際立たせるのです。

さて「天樹」は箱にも凝りました。
墨田区・本所の老舗のうるし紙屋さんに頼んで、特注。
紺と茶の2色作りました。

40種類から選んでいただいた鼻緒を、辻屋の職人が心を込めて挿げて、
こんな感じで箱に入れて、お届けします。
エディションナンバーも入っていますよ。
d0028327_14534082.jpg

d0028327_14535178.jpg

d0028327_14535967.jpg

d0028327_1454889.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2012-07-07 14:54 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)
さすが江戸っ子!気風がイイネ!
久々に景気のいい一団がご来店。
木場からやって来た50代後半位の男性3人、女性1人。
皆さんちょっとお酒が入っていい気分。
一人の男性が「下駄欲しいんだよねー」と、のめりの下駄を購入。
すると他の男性も負けじと、「オレはこのすごくいい柾目のにするわ」と
三味角の本柾目を選んだ。
そうしたら、もう一人が「じゃあ、この限定の下駄、買うよ」と
創業100周年限定の「天樹」を予約。
40種類の鼻緒から選んだのは、黒の松皮菱。
d0028327_13185764.jpg

3万円パーン!と置いて「出来上るのが楽しみだなー」
さらに2千円出して「これでお茶でも飲んでよ」
もちろんそういう訳にはいかないので丁重に辞退しましたが・・・。
「いやー、今日はいい買いもんができてよかった、よかった~!」
と楽しそうに帰っていかれました。
こんな不景気な世の中で、江戸っ子を絵に描いたようなお客さん、
商売としてもありがたいけど、見ていて気持ちいいです。
[PR]
by TomitaRie | 2012-07-04 13:21 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)
創業百周年記念下駄「天樹」
昨年、辻屋本店の四代目を継いで、今年は創業100周年。
なにかせねば!と考えた末、うちだからこそ作れる最高の下駄を作ろう!と企画、
昨年の秋頃から東奔西走、本当に良い素材を求めて妹と一緒に産地を訪ね、
ようやくできあがった「天樹」です。

「天樹(てんじゅ)」は、スカイツリー開業と同じ年に、
100周年を迎えられたことを記念して名付けました。

詳しくは、ホームページにて説明しています。
http://www.getaya.jp/special/tenju/

限定100足。3万円。今しか入手できない、最高の一足です。
桐台も、鼻緒も、箱までも、凝りに凝って作ってしまったので、
お値段以上の価値は絶対にあります!

来週は四万六千日、ほおずき市。
浅草に遊びに来たついでに、ぜひ実物をご覧ください。
d0028327_17123340.jpg

d0028327_17124483.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2012-07-03 17:13 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)