<   2013年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧
ウッドビーズで作る鼻緒留め☆帯留めワークショップ
3月17日(日)に、あさくさ着物部ワークショップ
「ウッドビーズで作る鼻緒留め☆帯留め」を開催しました。
講師はYumi Utsugiさん。
軽くてナチュラルなウッドビーズを使って、
帯留め、根付け、半襟、髪飾り、帯締めなど和装小物を制作されています。

今回は、辻屋とのコラボということで、鼻緒留めにも使えて、
帯留めにもなる、オリジナルアクセサリーを考案していただきました。

会場は恒例、浅草西会館。
参加者は8名。お1人以外はウッドビーズ制作は初めてです。
d0028327_13143017.jpg

皆さん真剣に取り組んでいます!
d0028327_13164399.jpg

d0028327_13171461.jpg

d0028327_13172566.jpg

d0028327_13173271.jpg


1時間ほど経ったところで、お茶休憩。
お菓子は長命寺の桜餅です。私が朝、できたてを買ってまいりました^^
d0028327_13183191.jpg

あと一息で完成というところで、皆さんホッとしたようすで歓談中。
d0028327_13191825.jpg


1時間半ほどで全員完成しました!
d0028327_13204616.jpg
 
帯留めにするとこんな感じ。
d0028327_13212071.jpg

鼻緒留めにするとこんな感じ。
d0028327_13212975.jpg


全員で記念撮影です。
d0028327_1322674.jpg


私は作る時間がなかったので、Yumiさんが作ってくださいました。
この日はデニム着物に、お気に入り三橋工房の半幅帯、半衿は藍地の桜♪
ウッドビーズもぴったりでした~!
d0028327_13232814.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2013-03-18 13:23 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)
浪江町の佐々木さん
昨年2月、偶然店に入って来られた、福島県浪江町の佐々木さん。
東日本大震災による津波で、町も家も何もかも流されてしまい、
さらに原発事故の影響で、戻ることもできず、
東京の江東区に避難しているということでした。

佐々木さんの故郷、浪江町で400年続く伝統芸能、
「請戸の田植踊」で使う下駄をを探していらっしゃいました。

私たちは相談のうえ、「下駄屋が役に立てるのなら・・・」と
踊り手の子供たちと、唄い手の大人用に、下駄を十数足、
進呈させていただいたのでした。
d0028327_11391646.jpg


佐々木さんは、涙を浮かべて喜んでくださり、
その後も親戚と浅草に遊びに来たり、
子供たちからのお礼の手紙を持ってきてくれたりして、
交流が続きました。
d0028327_1140263.jpg


7月、明治神宮で、明治天皇百年祭に請戸の田植踊も参加するということで、
はるばる子供たちがやってきて、踊りを披露したのですが、
私と妹も応援に行き、ついに子供たちと会うことができました。
d0028327_11475458.jpg

d0028327_11403333.jpg

d0028327_11404665.jpg

d0028327_1148132.jpg

d0028327_11481570.jpg

d0028327_11481839.jpg


現在、佐々木さんは福島県の郡山に引越されましたが、
時々電話やお手紙をくださいます。
先日届いたハガキに、佐々木さんと田植踊を取材した番組が放送されると書いてありました。
3月9日(土)日テレ「news every.サタデー」(17:30~18:00)

震災からもうすぐ2年。
浪江町の皆さんとのご縁を忘れず、そして復興はまだ終わっていないということを
あらためて心に刻まなければいけないと思います。
[PR]
by TomitaRie | 2013-03-07 11:50 | 浅草 | Comments(1)