<   2013年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
スギちゃんご来店。
先月、「Tokyo Walker」の「スギちゃんの愛される理由」というページで、辻屋が取材されました。
「ワイルドだぜー!」のスギちゃんが一発屋で終わらないために、
老舗を訪ねて長年続いている秘訣を探り出すという企画。
うちの父が下駄の挿げを教えたのでした。
といっても、そんなに簡単に習得できるわけもなく、横から小林くんが手取り足取り。
d0028327_17203066.jpg

d0028327_17203710.jpg

d0028327_17204517.jpg

スギちゃん、テレビで見るよりずっといい男でした♪
それに腰が低くてとても感じのいい人です。うちのスタッフみんな、かなり好印象でした^^
d0028327_1721941.jpg

d0028327_17211765.jpg


そして今日届いた「Tokyo Walker」。書店で手に取ってみてね!
d0028327_1722246.jpg

d0028327_1722898.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2013-10-30 17:24 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)
新にゃかとハロウィン
ハロウィン仕様の新にゃかとツーショット。
d0028327_1541415.jpg

店の裏の路地です。
夕方だったので、なんか映画「三丁目の夕陽」みたいだなにゃ~^^

この日は偶然、ジャックオーランタン柄の手ぬぐいを半衿にしておりました。
d0028327_15462317.jpg


帯に付けているのは、二尾の猫又ちゃん。
友禅作家さんの作品です。
d0028327_1549322.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2013-10-29 15:27 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)
衣替えの時期も考え直したら・・・?
10月に入ったら、単衣から袷になります。
着物は季節感が大事。
これはもっともだと思います。
それにしても気温30度もあるのに、袷の着物を着るなんて、苦行でしかありません。
特別な場面ではしかたないにしても、着物だって衣服のひとつ、
洋服ではノースリーブの人がいるのに、着物はルールを守らなきゃ、なんてナンセンスですよね。

そう、着物は単なる衣服です。
式典や冠婚葬祭以外では、自由に着ていいんです。

かといって、10月に入ってから浴衣を着てもいいかといえば、それはどうか。
周りからどう見られるか、不快感や違和感を与えない、というのも意識すべきと思います。
「そんなこと言ったって、暑いんだからいいじゃない」と言われればそうなんですが・・・。
誰だって「あの人、着こなしがすてきね」と言われたいでしょ?

そのあたりの兼ね合いを考えつつ、肩ひじ張らずに着物を楽しめればいいなと思うのです。

そんな10月の夏日、私はデニム着物が重宝しました。
メーカーによってはデニムが厚地で重く手が出なかったのですが、
近所で購入した仕立て上がりはお値段もお手頃で、薄地で軽くてよかったです。

デニム着物は無地なので、帯や小物で遊べるのが楽しいですね。

ブルーデニムには、アンティークの半幅帯。
帯留めは先日ワークショップで教えていただいたYumi先生のウッドビーズ。
足元は糸春雨塗の小町下駄。
d0028327_14532431.png

d0028327_14533227.png


ベージュのデニムには、紬の半幅帯で、母が昔、革クラフトで作った木の葉のブローチを帯留めに。
銀杏柄の手ぬぐいを半衿に。足袋も辻屋で展開している柄足袋で、薄茶の麻の葉。
下駄は焼き右近下駄に、黄色の格子柄の鼻緒です。
d0028327_14562775.png

d0028327_14563490.png

[PR]
by TomitaRie | 2013-10-13 15:01 | 浅草 | Comments(0)
10月の浅草雑記
ようやく猛暑の季節が過ぎたと思ったら、10月に入っても気温30度の日々に桜も咲いてしまった・・・
なんだかおかしな気候ですが、私自身はアサクサコレクションも済んで、ホッと一息。

その1
木馬亭。日本で唯一、浪曲の定席がある小屋です。
先日、岡大介くんの独演会がありました。
岡くんはカンカラ三線を弾きながら、演歌(都はるみとか藤あや子とかのではなく、
大正時代に流行った演説歌)を歌う人です。
サッカー少年だった岡くんは、あるとき吉田拓郎の歌に出会い、フォーク歌手をめざします。
そしてまたあるとき、カンカラ三線に出会い、今のスタイルになりました。
浅草でも度々ライヴをやっていて、仲間内で応援しているのですが、
今回の独演会は、本人が驚くほどの大盛況で、木馬亭が満席。通路まで補助いすでびっしり。
よかったねー、岡くん!
d0028327_14262640.jpg

d0028327_14263378.jpg



その2
花やしきが、サラリーマンのおじさん達でいっぱいになりました。
それは「茨城地酒まつり」。今年で5回目なんだそうで、私ははじめて行ってみました。
茨城県は、関東地方でいちばん酒蔵の多い県なのだそうです。
この日も30軒あまりの酒蔵がブースを出していました。
震災後、浅草の何店かで茨城のお酒を応援する催しを企画しており、
つくばエキスプレスも開通、茨城と浅草はご縁が深くなりました。
チケットには浅草の名店、「葵丸進」さんの天ぷらと、「むぎとろ」さんの茶そばの引換券がついていて、
それらをつまみつつ、地酒ファンのおじさんたちが遊園地の遊具の前でお酒を楽しんでいるようすは、
なんだか平和でほのぼのしていました。
d0028327_14341116.jpg

d0028327_14341857.jpg

d0028327_14342471.jpg

d0028327_14343477.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2013-10-13 14:34 | 浅草 | Comments(0)