<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
お彼岸
母方のお寺は、浅草の隣の駅、田原町にある本法寺という日蓮宗のお寺です。
辻家のお墓は遠いので、母はこちらに分骨していただき、仕事の合間にお参りできて助かっています。
d0028327_17374452.jpg


本法寺には戦時中、時局にそぐわない遊里・酒・廓噺などの演題を禁煙落語とし、
その台本を納めたという「はなし塚」があります。
d0028327_17375876.jpg

落語の席亭をやっている友人が、「はなし塚落語会」をこちらで毎年開いています。

門を入ってすぐ右側の「熊谷稲荷」については、石碑の説明書きを読んで今回初めて知りました。
浅草寺境内にあった熊谷稲荷が、江戸中期にこちらへ勧請されたのだそうです。
稲荷を祀った狐のなかでも、白狐は稲荷明神の御脊属(けんぞく)
[侍者、従者、随伴者、取り巻きの者]に選ばれる資格があるといわれているのだとか。
白狐を祀ってあるのは、ここ本法寺と弘前の津軽藩公が祀った二箇所しかない、
きわめて珍しいお稲荷さんなのだそうです。
[PR]
by TomitaRie | 2014-03-26 17:42 | 浅草 | Comments(0)
ビア茶会
「ビア茶会」に参加しました。
昨夏、神楽坂の料亭で開かれ今回は第二弾。
クラフトビールと春の食材とのペアリングを楽しんだ後、薄茶とお菓子をいただく、
ちょっと変わった趣向のお茶会です。
d0028327_18385984.jpg

d0028327_18425659.jpg


会場は静かな高級住宅街にある閑静な目白庭園の茶室。
私が参加したのは夜の部で、全部で8名。
お茶の経験がある人もない人もいましたが、
カジュアルなお茶会なので不慣れな人も気兼ねせず楽しめるひとときでした。
自分でもイベントをいろいろ企画しているので、勉強になります。
d0028327_18392573.jpg

d0028327_18393425.jpg


この日は私にしてはめずらしく紬ではなく柔らかもので、
私にしてはめずらしくラヴェンダー色のきものを着たので、
庭園をバックに写真を撮ってもらいました。
薄鼠の帯は綴れ。どちらも母が遺したものです。
d0028327_18394468.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2014-03-23 18:36 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)
第二弾!からだに優しい着付けのお話
昨年の春、ご好評いただいた「からだに優しい着付けのお話」の第二弾を開催しました。
今回のテーマは「楽に動けて、おいしく食べられる着付け」。
講師は高橋早苗先生です。

高橋先生は、医科系大学で解剖学や生理学を学ばれ、
同大研究室に勤務されていた経験から、
人間の体の骨格や筋肉の構造を踏まえて、
着心地よく着崩れしない美しい着方を提唱されています。

骨格はこうなっていて、筋肉はこう付いているから、
腰ひもはこの部分に締めると苦しくない、とか
体のこのカーブに沿って布目を合わせればきれいに見えるなど、
高橋先生の理論的な着方には目からウロコです。

日本人はずっと、楽に動きやすい着方をしてきたはずなのが、
洋服の時代になってから、きれいに見せる「着付け」ばかり先行し、
器具をつかったり、補正をしたりが普通になってしまったのかもしれません。

この日はスクリーンを見ながらの講義でしたが、
実践もあったほうが分かりやすかったかも。
d0028327_15574667.jpg

d0028327_15575641.jpg


講義の後は、浅草散歩。
私、富田里枝が皆さんを引率、和装関連のお店、お食事、お茶、お土産などのオススメ、
史跡や観光スポットなどをご案内させていただきました。

締めくくりは、路地裏カフェ「うまみち」。てづくりケーキとお茶でおしゃべり。
初参加の方も、常連さんも、着物談義に花が咲きました。
d0028327_1613928.jpg

d0028327_1614614.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2014-03-16 16:02 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)
中井のイベント「染めの小道」に参加しました
毎年2月に行われる中井の一大イベント「染めの小道」。
妙正寺川沿いの「あいれ屋」さんに、出店させていただきました。
d0028327_18251989.jpg

d0028327_18253060.jpg


かなりの人が集まると聞いていましたが、あいれ屋さんにも早い時間から次々と。
辻屋のほかに、着物リメイクデザイナーMOMOさん、ジュエリー「コキーユ」さん、
アクセサリーNur-banurさんがご一緒でした。

初日はお天気良くて暖かく、川面には色とりどりの反物が架けられました。
d0028327_18254690.jpg


あいれ屋さんのご主人は、フラメンコのダンサー、洋子さん。
辻屋の履物をご愛用くださっています。
d0028327_1827536.jpg


洋子さんが所属している和髪隊による和髪の講習もありました。
d0028327_18283482.jpg


土日はあいにくのお天気でしたが、川と染物を中心にしたイベントが
これだけ盛り上がるのは、まったくもってすごいことです。
[PR]
by TomitaRie | 2014-03-02 18:33 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)
写真集食堂めぐたまOPEN!
昨年のシリーズ「あさくさ和装塾 着物で巡る日本列島北から南」で、
毎回日本各地の地酒に合わせて、おいしいお料理を作ってくださった
おかどめぐみこさんのお店「写真集食堂めぐたま」がオープンしました!
d0028327_186579.jpg


和装塾でもお手伝いしてくださった、ときたまさんのご主人である
飯沢耕太郎氏の収集した写真集が壁一面に並んでいるようすは壮観です。
d0028327_1845246.jpg

d0028327_185020.jpg

これらを自由に閲覧してよいのです。
あまりにたくさんあって、どれから手に取っていいのか、呆然としてしまう!

そしてお料理。夕飯どきだったので「晩ご飯セット」ワンドリンク付きを注文。
d0028327_188232.jpg

純米酒「めぐたま」といっしょにいただきました。
おいしいのはもちろんですが、体にも心にも効きそう。

「あさくさ和装塾」ではお酒に合うような献立を考えていただきましたが、
しっかり食事したいときのごはんも、ちょっとお茶したいときのスイーツもあります。

エアロハウスという工法の木造建築で、木のぬくもりがいっぱいで、
とても気持ちいい空間です。
すでに某有名カメラマンはすっかり気に入ってなんどもご来店されているとか。

「写真集食堂めぐたま」は恵比寿駅から徒歩10分弱。
http://megutama.com/
[PR]
by TomitaRie | 2014-03-02 18:14 | | Comments(1)