<   2014年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
あさくさ和装塾 That's 和ンターテインメント<講談編>
和ンタメ第四弾は「講談師は究極のラッパーか!?」と題して、
講談師の宝井駿之介さんをゲストにお迎えしました。
行楽シーズン3連休の初日にもかかわらず、
今回も大勢のお客さまがご参加くださいました!

d0028327_14133920.jpg


まずは<講談>とは?
そのルーツは江戸より前の戦国時代。
浪人武士が仕事を探すために、諸国を巡り、あちこちの大名を訪ねて
自分の戦歴を語ったのがはじまりといわれますが、
駿之介さんによれば諸説あるようです。

d0028327_1414792.jpg


講談のジャンルはさまざま。
「太平記」「太閤記」などの<軍談>。
「赤穂浪士」は<お家騒動>「遠山政談」「水戸黄門」は<おさばきもの>。
「鼠小僧」「石川五右衛門」「清水次郎長」「国定忠治」といった
誰もが知っている有名な物語は、講談がネタなんです。

d0028327_14144184.jpg

d0028327_141459100.jpg


駿之介さんがお持ちくださった古書。
江戸末期から明治時代にかけて、講談は全盛期を迎え
、講談の内容を記載した「講談本」は大変人気があったそうです。

d0028327_14152898.jpg

d0028327_14153972.jpg


CMをはさんで後半は、宝井駿之介さん本人に迫ってみました!
「10歳になったら金を稼げ」の口癖のお父様からバナナのたたき売りを教え込まれ、2歳から芸能活動を始めたそうです!

7歳で人気テレビ番組「夕やけニャンニャン」の木曜レギュラーに抜擢!
9歳で講談師・田辺一鶴に弟子入りし「チビ鶴」の誕生
…という波乱万丈な人生をご紹介。


d0028327_14161195.jpg



そして恒例の「きものははきもの」コーナー。
今回は、秋冬の新作草履をご紹介。

d0028327_14173047.jpg

d0028327_14174237.jpg



さぁ!いよいよ宝井駿之介さんの講談が始まりました!


d0028327_14181456.jpg

d0028327_14183288.jpg

d0028327_14185180.jpg


この日は駿之介さんの師匠、一鶴さんが講談師になるまでのお話と、
かの有名な「東京オリンピック」を演じてくださいました。

d0028327_14192642.jpg


途中、国の名前を次々に挙げながらの握手タイム♪

d0028327_14195564.jpg



会場は拍手喝采!
初めて講談を聴く方も、満足してくださったようです。


d0028327_14201710.jpg



「あさくさ和装塾~That’s 和ンターテインメント」はこれにて終了です。
次のシリーズは来年スタートする予定です。どうぞお楽しみに~!
[PR]
by TomitaRie | 2014-10-21 14:20 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)
新潟へ
8年ぶりに新潟を訪れました。
15年前、夫の転勤で生まれて初めて台東区から出て暮らすことになったのが新潟でした。
引っ越したのは11月のはじめで、空はどんより曇っていて、
それから5か月間、ほとんど青空を見ることができない日本海側の天気に、
当初は馴染めず体調を崩したりホームシックになったりしました。
でも新しい友人が増えるにつれ、自然が豊か海の幸、山の幸に恵まれ、
日本酒もおコメもおいしいし、休みのたびに車であちこちの温泉に出かけ、
新潟生活はけっこう満喫していました。

久々に新潟に行った理由は、「あさくさ和装塾」に出演してくれた
史佳さんのレコーディングライブを聴きに行くためです。
私たちが出会ったころの史佳さんは、三味線で生きて行こうと決意した直後でした。
今や新潟だけでなく、全国そして海外でも活躍する彼の姿を見て本当にうれしくなります。


d0028327_15585587.jpg

古町の人気の居酒屋。のどぐろや茶豆と地酒を堪能。

d0028327_15595488.jpg

d0028327_160014.jpg

d0028327_160925.jpg

d0028327_1601535.jpg

「カーブドッチ」は新潟市内のワイナリー。優雅なランチをいただきました。


d0028327_1612747.jpg

史佳さん、師匠のお母さまといっしょに。


d0028327_1615299.jpg

本町市場で旬の野菜を買い込む。車だったら魚介類も買いたかった(涙)


d0028327_1623959.jpg

帰りの新幹線の車窓からは、黄金色の稲穂。半分くらい収穫されてました。
[PR]
by TomitaRie | 2014-10-02 16:04 | | Comments(0)
父とハワイアン
昭和13年生まれの父は、高校時代の友人達とハワイアンバンドを結成して
約40年、活動しています。
父が若い頃ハワイアンブームがあり、
といっても今とは違って和田弘とマヒナスターズとか和製ハワイアンというか、
歌謡曲っぽいハワイアンだったようですが。
毎年、夏になるとけっこうあちこちからおよびがかかり、
下駄のシーズンで店は忙しいのに、
アロハシャツに着替えてはいそいそ出かけていくわけです。
ちなみに、父はボーカルです^^

9月のはじめ、日本橋三越の屋上で日本橋の町内会の夏祭りが開かれ、
毎年父のバンドも出演するのですが、今年は久々に歌う姿を見に行きました。

おじいさん達の演奏だけでは華やかさに欠けるせいか、
ここ10年位、フラの皆さんも一緒に出演することが多く、
この日も美しい衣装の皆さんがフラを披露されました。

じつは少し前に、父に胃癌がみつかり、翌週手術することになっていて、
本人も家族もなんとなく思うところがあったのでした。

無事、手術は成功し、細胞検査の結果も良好で、ほっと胸をなでおろしました。
先生もびっくりするくらいの驚異的回復力らしく、
予定より1週間早く退院することになりました。

まだまだ現役でがんばってもらいたいものです。

d0028327_15422764.jpg

d0028327_15444027.jpg

d0028327_15455538.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2014-10-02 15:40 | 浅草 | Comments(0)