人気ブログランキング |
足もとの雨対策!
昨日から今日にかけて、大荒れのお天気。
雨とともに風も強く、浅草もさすがに今日は静かです。

雨の日の外出に、着物は諦めるという方は少なくありませんが、
お仕事だったり、習い事があって、雨でも着物を着なければならない場面が多いという方には、
雨用のお履物は必需品です。

昔は雨には差し歯の高下駄に爪革を付けるのが定番でしたが、
今は高下駄は製造されていないので、
駒下駄の歯にゴムを付けて爪革を付けた「時雨下駄」が一般的です。
d0028327_1793933.jpg

d0028327_1795058.jpg


<時雨下駄>


男性も、駒下駄や千両下駄に爪革を付ければ雨用に。
d0028327_17104858.jpg

<黒塗大角時雨下駄>

d0028327_1711875.jpg

<鎌倉彫千両時雨下駄>




歯のある下駄は履き慣れないから躊躇するという方は、やはり草履が安心。
こちらは鼻緒の調整が可能なタイプ。
足幅や甲の高さに合わせて鼻緒を緩めたり締めたりできます。
d0028327_17131562.jpg

d0028327_17132797.jpg


<痛くない雨草履>


そして今年の新シリーズです!
型押しのリザードが高級感ばっちりで、色もおしゃれ♪ 7色展開。
d0028327_17181126.jpg

d0028327_17182312.jpg


<ゆったり爪革 雨草履>


出掛ける前に「今は降ってないけど天気予報の降水確率50%」という日には、
降っても晴れてもOK!の「てりふり草履」がオススメです。
爪革は付いていませんが、防水素材で濡れても大丈夫な底裏です。
d0028327_1716585.jpg

d0028327_1717125.jpg


<てりふりぞをり>
by TomitaRie | 2017-06-21 17:18 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)


<< 出版おめでとう♪ お香をきく >>