浴衣を着物感覚で…という場合に半衿は必要?
「浴衣を夏着物として着ます」
最近こういう方、増えてますよね。

綿紅梅や綿絽など、上質な生地の浴衣を着るときに、麻や木綿、博多織りなどの名古屋帯を合わせて、足袋を履いて、よそゆきのお出掛け着として浴衣を着る。
気温が30度を越えるのが当たり前となった今、絹ものには袖を通したくないなぁというときには、涼しく装えるよそゆきの浴衣、いいですよね。

そういう場合は半衿も必要?
浴衣に麻や絽の半衿をつけるのもNGではありませんが、絶対必要なわけではありません
とくに総絞りの浴衣などは、全体にしぼがあり肌の接触面が少ないので、半衿なしの方が着ている本人も、見た目も涼しい。
帯をお太鼓に締めて、足袋付きで、十分お出掛け浴衣になると思います。

どうしても半衿がつけたい!という場合は、小千谷縮や近江縮など麻や木綿の着物がステキですよ!
とくに麻の着物は通気性が抜群。
長じゅばんも麻にすれば、綿コーマ地の浴衣より涼しかったりします。
コチラは薄緑色の小千谷縮の着物に、麻の半衿をつけました。
d0028327_18253545.jpg



浴衣の履物は、やっぱり下駄がオススメ。
籐やシザール、パナマなどの夏素材の草履でもOKですが、やはり桐下駄が軽やかでよいのではないかしら。

最近は舟形下駄が人気です。
草履型なので、下駄の中ではきちんと見えるので、お出掛け浴衣にはぴったり。
浴衣の季節には足袋つきで、素足で。
夏が過ぎても、小紋や紬に合わせて一年中活躍します。
d0028327_18262141.jpg

d0028327_18263575.jpg


辻屋本店では舟形下駄の種類もいろいろございます。
<黒塗り><捌き><つや消し黒塗り><白木みがき><白木防水><新橋塗り><糸春雨塗り><桜皮あしらい>
夏着物感覚で浴衣を着る際に履きたい、あるいは小紋や紬にも合わせたいという方は、鼻緒選びはシンプルな柄が重宝です。
私がよくおすすめするのは、細縞やよろけ縞、ぼかしなど。

お持ちの浴衣や着物の色柄を教えていただければ(最近は携帯電話の写真を見せてくださる方も多いです)、似合う鼻緒と台を私がアドバイスさせていただきます!
浴衣の時期は、女性用だけでも100種類以上の鼻緒をご用意しておりますので、よりどりみどり。
迷ってしまったら遠慮なくご相談くださいね♪
d0028327_18362039.jpg

[PR]
by TomitaRie | 2017-07-19 17:59 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)


<< 浴衣に似合う下駄の選び方 麻の着物、麻の襦袢、麻の帯 >>