浴衣に似合う下駄の選び方
昨日のように湿度も気温も高い日、総絞りの浴衣は肌の接触面が少なくていいですね。
今年買った紗の半幅帯で。
金魚の根付けと糸春雨塗りの下駄に赤を効かせてみました!

d0028327_14344266.jpg

d0028327_14354196.jpg

この時期、浴衣用の下駄を買いに来られるお客さまが圧倒的なのですが、
鼻緒選びの際に「浴衣の色とあわせなければいけない」と考えている人が意外と多い。
たとえば紺地に黄色いお花の柄の浴衣ならば、鼻緒に紺か黄色が入ってなきゃいけないの?とか。
洋服のコーディネイトの感覚なのです。

それぞれお好みもありますが、うちでは「浴衣・帯と鼻緒は同じ色にしなくていいのですよ」とアドバイスしています。
雰囲気があっていればいい。
つまり、浴衣がコンサバティブな藍染めだったら、鼻緒はすっきりした縞や古典柄の麻の葉などが似合うし、
アバンギャルドなデザインの浴衣には、ちょっと個性的な鼻緒を選ぶ、とか。

浴衣はそもそも着物の中ではもっともカジュアルですから、決まり事はないわけです。
「だからこそ、ダサい選び方はしたくない!」
そりゃそうです。
だからといって、無難に無地の鼻緒ですませるのはもったいない!
洋服ではできない色合わせや、柄+柄もありなんですから。

辻屋本店では、下駄の台、鼻緒をそれぞれ何十種類もご用意しております。
今年あなたが着たい浴衣と帯に似合う下駄を、いっしょに選ばせていただきます。
最近はスマホの写真を見せてくださる方が多いので助かります。

ぜひ「この夏の、この一足」を選びにいらしてください♪


[PR]
by TomitaRie | 2017-07-26 14:49 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)


<< 隅田川花火大会と浴衣 浴衣を着物感覚で…という場合に... >>