満開の桜と古典芸能
あっという間に満開になった東京の桜。
浅草は週末からお花見客でいっそうの賑わいです。
d0028327_18194047.jpg

d0028327_18194391.jpg

いつも以上に仲見世はすごい人。
スカイツリーと桜の写真を撮る外国人でいっぱいの隅田公園。

d0028327_18193809.jpg


今年の冬はたいそう寒かったので、急に春が来て慌ててしまうような。
そんな中、古典芸能続きのここ数日。
先週のオフは、仁左衛門と玉三郎の美しいカップル、話題の「にざたま」でうっとり!
d0028327_18193049.jpg

翌日は浄瑠璃の野澤松也師匠の三味線の会。
友人がマネージャーをやっているので、時々誘っていただきます。
d0028327_18193494.jpg

翌日は、私が通っている長唄の社中のおさらい会。
私自身は始めたばかりでまだまだ人前で演奏などとても無理なので、先輩方の演奏を聴かせていただきました。
身内や知人だけの、なごやかで温かい演奏会でした。
私は出演するわけではないので、何を着て行ったらよいか迷いましたが、
こういった迷う場面では、色無地に派手すぎない袋帯。

d0028327_18195008.jpg

祖母の着物で裄が短いので、織り模様の入った半衿を多めに出して胡麻化してます。
履物は薄桜色のエナメルに少しだけ金の切り芯が入った草履です。
フォーマル用ではありませんが、式典などではないですし身内だけの会だったので、
これくらいがちょうどよいと思います。
淡いピンクやクリーム、薄グレーなどの無地で鼻緒も台と同素材、同色の草履は、
カジュアルではないけれども、フォーマル過ぎない装いに、一足あると重宝です。
この切り芯草履はデザイン性もありますし、履き心地もとても良くて、
かなり歩いてもまったく疲れません。
着物や帯と同じく、草履も仕立てがいかに大事かということでしょう。



d0028327_18194662.jpg





















[PR]
by TomitaRie | 2018-03-26 18:31 | 伝統芸能 | Comments(0)


<< 桜の柄の着物 浅草寺本尊示現会 >>