平野恵理子さんの個展、乙女文楽、祖母の単衣

お彼岸の連休で賑わう浅草を抜け出し、松陰神社前で開催中の平野恵理子さんの個展にうかがいました。

d0028327_14105076.jpg

二十四節気を短冊に描いた作品展です。
季節や行事と日々の暮らしを大切にする恵理子さんの世界観、是非ご覧ください。

「Gallery and Wonder」
https://www.facebook.com/sieguel/

d0028327_14105421.jpg

その後、友人にお誘いいただき、乙女文楽の観劇。
50周年の記念公演です。

通常、文楽の人形は三人遣いですが、こちらは一人遣い。
そもそも始まりは一人だったそうです。とても自然でリアルな表現と思いました。
女流義太夫もいいものだなぁとあらためて感じ入りました!

d0028327_14105803.jpg
d0028327_14110109.jpg

この日着ていたのは、葡萄色の無地の紬。
合わせたのは薄手の軽い名古屋帯。
d0028327_14111227.jpg
足元は鎌倉塗の舟形下駄。矢絣の鼻緒です。
d0028327_14110821.jpg

この単衣の紬、祖母がかなり晩年に誂えたと思われ、一度も袖を通していないようですが、
身幅が広すぎて着づらいのです。
手持ちの着物はほとんど祖母か母のだったり、知人にいただいたもので、サイズが合わない着物は慣れているものの、これはかなり大変でした。
しかも、仕事しやすいように元禄袖になっている…。
袖丈があう襦袢はないので、いさぎよくレース袖の半襦袢にしてしまいました。
汗ばむ陽気だったのでちょうどよかったかも。
d0028327_14111440.jpg
おかしいかなぁとちょっぴり不安になり、いつもお世話になっているたぬき通りの呉服屋「ほてい屋」のおかみさんに見せに行ったら、
「紬なんだから、いいのよー! 商売してるんだし」と言ってもらえて安心。


[PR]
by TomitaRie | 2018-09-24 14:18 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)


<< 着物のルールと伝統 片貝花火ツアー >>