人気ブログランキング |
雑誌『クロワッサン』に掲載していただきました

『クロワッサン』No.1002(マガジンハウス)の人気連載「着物の時間」に
恥ずかしながら掲載されました。


d0028327_15365826.jpg


こちらのページにオファーをいただいた時は「私でいいんですか!?」とびっくり。
素敵な文章を書いてくださったのは西端真矢さん。
一流のプロのヘアメイク、着付け、そして撮影。
ひととき夢のような女優気分を味わいました💕


d0028327_15371013.jpg


このページは本物の女優さんが登場することもあるし、私のようなふつうの人も出るのですが、
ヘアメイクさんが「誰であっても同じクオリティにするのが私たちの仕事なんです」
とおっしゃったのが印象的でした。



撮影は6月初旬。発売が7月末なので盛夏の装いということ。
せっかく有名雑誌に載るんだから、絽とか紗?
麻の方が涼し気に見えるかな…?
悩みましたが、下町の履物屋らしく藍染めの浴衣に決定。


昨年仕立てた「竺仙」の長板中形。
友人の和裁士さんに「竺仙」の展示会へ連れて行っていただいた際に、
まさにこの反物を染めた若手の職人さんが会場にいらして、
今では希少な技法と聞き、うちの仕事と同じだなーと。
浴衣の中では高級なので、単衣の着物のつもりで着よう、と思い切って購入した一枚です。


帯は、博多献上の八寸名古屋帯。
浅草・新仲見世の「帯源」でおかみさんに選んでいただきました。
最初、「この浴衣に合わせたい」と携帯の写真を見せたら、
「写真じゃわからない」と言われ、実物を持って行ったのです。

全身が映る鏡の前で浴衣と帯を次々に合わせ、
私にしてはめずらしく悩みました(いつも決断早いので)。
この小紋柄は着ると意外と白の部分が目立つから、五献ではなく三献が似合う、という
おかみさんのアドバイスで選んだのがこの一本。

これなら三社祭の町会のおそろいでもいいな。



履物は、写真ではよく見えませんが胡麻竹の舟形下駄で、
小千谷縮の鼻緒を挿げています。


文中の小さな写真には、表付き舟形下駄(博多献上の鼻緒)と、
南蛮鉄を箔加工したエナメル草履を紹介させていただきました。
鉄箔の技術は今はもう残っていないそうで、
日本で有数の高い技術を持つメーカー「山菱」のもの。
山菱さんは先々代からお付き合いがあり、
先日ご挨拶に行った際に「せっかく来てくれたから、最後の一点を」と
社長が出してくれたもの。

昭和40~50年代はこうした美術品のような草履がたくさん作られていて、
うちでもずいぶん売れたのです。


d0028327_15371320.jpg


まさか、自分が出ることになるとは思わなかったページ。
本当にすばらしい経験ができました。

一生の宝物です!

d0028327_15371716.jpg


by TomitaRie | 2019-07-27 17:24 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)


<< ようやく、夏! その前に7月の... ブログ、15年続いてるんだなぁ~! >>