人気ブログランキング |
カテゴリ:未分類( 49 )
新時代を迎えるいま、SDGsについて考える
一昨日のブログでも書きましたが、平成は多様化の時代と言われる一方で、
世界的にグローバル化が進み、貧富の差が問題になっています
環境破壊はもはや危機的状況です。

そんな中で叫ばれているのが「持続可能な開発目標(SDGs)」。
2015年9月の国連サミットで採択された、2030年までの国際目標です。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、
地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

d0028327_13260964.png

SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)な
ものです。
「発展途上国支援や環境保護のボランティアの話でしょ」と考えている人が
多いのですが、実はあなたや私も「奪われている」当事者なのだということ。

たとえば浅草。
ふと見回すと何代も続いていたお店が廃業し、後にはコンビニやチェーンの
ドラッグストアが入る。そんな光景があっちでもこっちでも見られます。
レトロな雰囲気とおいしいケーキでファンの多かった「アンジェラス」や、
昔ながらの手焼きの固いお煎餅が特徴の「入山せんべい」も閉店してしまいました。
家族経営の個人店がどんどんなくなり、居酒屋も回転寿司も全国チェーンの店ばかりに
なってゆく…。

d0028327_13165865.jpg

浅草は個性的でおもしろい店がいろいろあって、それが目的で遠くからお客様も
やってくるし、テレビや雑誌でも取材されています。
なのに、この街はいま逆方向へ進んでいて、私はすごく危機感を持っているのです。

日本は中小零細企業が頑張っているとはいいますが、今の税制などからわかるように、
大企業や全国企業を優遇する方向なのは明らかです。
では本当に、日本中が全国企業/多国籍企業になり、日本人がみんなそこで雇われる
ようになったほうが幸せなのでしょうか。

d0028327_13513752.jpg

街から多様性が消えること、それはSDGsが目指す世界とは逆です。
世界中から人々が訪れる浅草こそ、そうなってはいけないと思うのです。
個人経営の店では商品も少し高くなるかもしれない。
注文しても時間がかかるかもしれない。
働く人たちにとって、労働環境は大企業より劣るかもしれない。
それでもチェーン店にない魅力があって、「好きだから」来てもらえるお店があり、
そんなお店を営むことを楽しんでいるオーナーがいる。
私は浅草がこれから先も多様性の街であって欲しいと願ってやみません。

辻屋本店では、職人が目の前で鼻緒を挿げてお客様に履いていただく商売を創業から
変わらず続けています。
大企業がつくる大量生産品とは正反対で、扱っている商品は、台も鼻緒も国内で
つくられ、すべて職人の手仕事です。
これからも私たちは、使い捨てではなく、メンテナンスや修理しながら長く使って
いただける履物を皆さんにお届けしたいですし、私たちの商売もSDGsに
つながるのではないかと考えております。

d0028327_13232892.jpg

by TomitaRie | 2019-04-29 13:24 | Comments(0)
『AERA』で紹介されました
朝日新聞出版『AERA』2019.1.14 No.2 
67ページ「この人のこの本」で『浅草でそろう江戸着物』を紹介していただきました!

d0028327_13335797.jpg
こちらの表紙です。
書店やコンビニ、キオスクなどでお見かけの際はぜひ手にとってみてくださいね♪
d0028327_13340049.jpg

インタビュー記事は矢内裕子さん。
彼女とは20代の頃、メディア関係の仲間との勉強会で一緒だったのですが、
数年前偶然、小三治師匠の落語会で再会。
若い頃から優秀な編集者でしたが着実にキャリアを重ね、著名な作家を手掛けるだけでなく、古典芸能にも精通し多方面で活躍、尊敬する友人です。
こんな有名週刊誌で記事を書いていただき、本当にありがたいです。



by TomitaRie | 2019-01-10 13:35 | Comments(0)
お陰さまで新店舗4周年です
辻屋本店は伝法院通りの新店舗に移転して、お陰さまで今日で丸4年経ちました。
これまで支えてくださった皆さまに、心より感謝申し上げます。
d0028327_13312840.jpg

12月17日を新店舗オープンに決めたのは、毎年この日から浅草寺で歳の市・羽子板市が開かれるから。
そして移転後、12月に開催している「贈る美 手仕事コレクション」は3回目となります。
今年は6人の作家さんに参加していただいております。

d0028327_13323007.jpg
d0028327_13324273.jpg
d0028327_13331181.jpg
d0028327_13331693.jpg
d0028327_13332206.jpg
NHK
d0028327_13332578.jpg
コーディネートをより惹き立てる、和小物がたくさん!
12/19(水)まで辻屋本店内にて。


この日の私は参加作家のひとりペタコさんの刺繍半襟を付けておりました。
羽子板市にちなんで羽根の刺繍♪

d0028327_13333562.jpg

帯揚げと下駄に赤を効かせてみました!
d0028327_13314469.jpg

そして16,17の2日間、下駄屋barもオープン!
片貝花火を観に行った際に仕入れた、十日町の地酒を振舞いました。
d0028327_13315184.jpg


by TomitaRie | 2018-12-18 13:45 | Comments(0)
雑誌の撮影

浅草のメインストリート仲見世通りは、12月に入るとお正月飾りです。

クリスマスのイルミネーションがない街! これぞ浅草!!

d0028327_17115363.jpg


さて先日、朝から雑誌の撮影がありました。
某女性誌で、ある女優さんがお草履を選ぶ場面。
私も一緒に写していただきましたが掲載されるかどうかはわかりません😊
その女優さんは数年前、移転する前の新仲見世にあった頃、
偶然うちでお買い物してくださったことがあるのですが、
プライベートだったので誰と来ていたかはナイショ。

来年2月に発売予定とのことで、私は若草色の小紋に献上柄の博多帯。
足元は茶系のファブリック草履「二彩」。

d0028327_17131167.jpg
d0028327_17120966.jpg


同じ日の午後、マガジンハウスのカルチャー誌の撮影もありました。
こちらは若手俳優(NHK朝ドラ「半分、青い」でアメリカ育ちの青年役)と
女性お笑いタレント(〇〇じゃねーよ!の人)の2ショット。
撮影したのはなんと、「激写」で知られる超有名写真家!
坂東玉三郎丈や十八世中村勘三郎丈など歌舞伎俳優ほか、
数々の著名人を撮影している…とここまで書けばどなたかわかっちゃいますね。
この日撮影された俳優さんも、もともとうちの下駄をご愛用くださっていて、
辻屋本店が撮影場所に選ばれたのは彼のご希望だったそうです。
これから大ブレークしそうな俳優ですが、とても感じのいいかたで、
集合時間前に亀十で並んでどら焼きを買い、スタッフや私たちに手土産でくださったのです。

600回以上続くこの企画が始まっていらいだと、編集者がびっくりしてました。
こちらも
来年2月発売です。


女性誌の女優さんも、マガジンハウスの俳優さんも、とても周りのスタッフに気を遣う人たちで、
やはり有名になる人は、こういうところが大切なのだなぁと思わされました。
発売後は情報をシェアできるので、お楽しみに!


by TomitaRie | 2018-12-07 17:23 | Comments(0)
和装の髪型って大事!
先日、銀座いせよしさんの十周年パーティーがありました。
銀座で代々続く呉服店、伊勢由の娘さんが現代的な感覚を取り入れた着物を
提案されているお店で、邦楽や書など和文化の教室も続けていらっしゃいます。
実は1年以上前から、いせよし店主の美恵さんにお誘いいただき、
春日大社元宮司の岡本彰夫先生のもと、全国から旅館や料理店など商家の女将さんが集まる
女将塾で学んでいます。
その日も塾のメンバーと一緒にお祝いの会へうかがったのでした。
d0028327_18224752.jpg
呉服屋さんの周年パーティーなので何を着て行ったらよいのか悩みましたが、
色無地だったら失礼にあたらないかと祖母の形見の濃いグリーンの色無地にしました。
d0028327_18225757.jpg
履物は真珠色のレリーフ文様の革草履。
美術草履のトップメーカー山菱謹製、当店自慢の一足です。

d0028327_18230185.jpg

d0028327_18230358.jpg

この日は午前中、新橋の料亭「金田中」さんで講義の後、
いったん向島の自宅に戻って着替えたので、向島花柳界の中にある歴史ありそうな美容室で
結髪をお願いしたのですが、ご覧のような昭和レトロな髪型になってしまいました。
SNSではなかなか良いのでは、というコメントもいただきましたが、
どうなんでしょうねぇ…^^;
和装の髪型って顔立ち、着物に似合うようなボリューム感とか形があると思うのですが、
なかなか難しいなぁと思いました。





by TomitaRie | 2018-11-22 18:34 | Comments(0)
下駄屋barオープン!
今年の夏も、下駄屋barオープンしました!
7日、8日の「入谷朝顔まつり」と9日、10日の「浅草ほおずき市」の4日間。
週末はひっきりなしにお客さまがお越しくださり大盛況!
冷たいビールや日本酒でひと息ついてから、
朝顔まつりや盆踊りへお出掛けになるかたもいらっしゃいました。


d0028327_17145674.jpg
d0028327_17145943.jpg
d0028327_17150634.jpg
d0028327_17150234.jpg
d0028327_13050490.jpg

by TomitaRie | 2018-07-09 17:15 | Comments(0)
立春を迎えて
昨年は不思議な一年でした。
ふつう敷居が高すぎて入れないような場所で勉強させていただく機会に恵まれたり、
普通お会いすることのないような立場の方々とご一緒することができたり、身に余るほどのご縁の数々がありました。

そして旧暦の新しい年が始まる直前に、皇居の勤労奉仕に参加させていただきました。
なんとも濃い3日間。
もうすぐ元号が変わるこの時にたいへん貴重な体験ができました。
昨年起こったさまざまなこと、今回の勤労奉仕、自分にとってきっと深い意味があるのだろうなと思います。

d0028327_12221160.jpg
d0028327_12223267.jpg


節分。
恵方巻きはいただきませんが、おうちで豆まきは欠かしません!
d0028327_12223770.jpg


立春の日は、出勤前に自宅から恵方にある神社にお参り。
陽の光が春です。
d0028327_12224056.jpg


春の気分でラベンダー色のシルクウールの着物。
ピンクグレーの防寒草履がぴったり。
これは私物ではなく店内で販売している商品にちょっと足を入れてみました^^;
d0028327_12224503.jpg








by TomitaRie | 2018-02-04 12:29 | Comments(0)
平野恵理子さんの個展
南青山「SPACE YUI」さんで開催中の平野恵理子さんの個展に、編集者の藤井さんと行ってまいりました。
真ん中の恵理子さんが不思議な表情なのは、撮るときになぜかぴょんぴょん跳んでいたから(笑)。
d0028327_181563.jpg

20代の頃、この近くで5年程働いていたので懐かしい界隈ですが、ずいぶん変わりました。
30年も前なのだから当たり前か…。
d0028327_18134578.jpg

今回は「捨てられなかった小さなものたち」。
お父さまのマッチ箱コレクションやお菓子の空き箱、包み紙などなどを描いた作品です。
d0028327_18135936.jpg


今日のきものは、母が若いころに着ていた(と思われる)紺地の亀甲柄の単衣。
レトロな感じがお気に入りです。
帯は博多献上。
足もとはシザール素材の夏草履。
d0028327_18144356.jpg

d0028327_18145248.jpg

by TomitaRie | 2017-05-17 18:16 | Comments(0)
中村屋!
歌舞伎座『猿若祭』初日を観てまいりました。
d0028327_170595.jpg

d0028327_1711870.jpg

d0028327_1713458.jpg

夜の部一幕目「門出二人桃太郎」(かどんでふたりももたろう)で三代目中村勘太郎・二代目中村長三郎、二人揃っての初舞台。
大御所に囲まれて堂々と演じてました!
d0028327_1721137.jpg


ここまで成長したんだ!
天国の勘三郎さんはさぞ喜んでいるだろう!

観客の思いが劇場中に広がり、あちこちで目頭をおさえる人、人。
歌舞伎ファンのみならず、みんな親戚のおじさん、おばさん気分になって見守っているのが、
中村屋ならではの魅力なのでしょう。

今回だけはどうしても初日に観たくて、休みをずらして、張り込んで一等席を手に入れたんです!
浅草は、文扇堂の故・荒井修さん、観光連盟会長の冨士さん達が家族ぐるみで中村屋と親しくしているので、いっそう他人事とは思えず、町をあげて応援しています。
この日も当然、浅草の顔役が皆さんおみえでしたし、テレビや映画に出ている役者さんたちも。
華やかな初日の幕開けでした。

桃太郎だけでなく、第三幕目の「梅ごよみ」では、芸者・仇吉を演じる菊之助丈のあまりの美しさに息をのみました。
先月、国立劇場で「通し狂言 しらぬい譚」の千穐楽を観たのですが、
この世のものと思われぬほどの幻想的な菊之助さんの宙乗り!
菊之助さん、今いちばんきれいかも。
by TomitaRie | 2017-02-03 17:15 | Comments(0)
三社祭2日目、3日目
三社祭には必ず雨が降る、というジンクスをやぶり、
今年は3日間、晴天に恵まれました。

父は町会の役員なので神酒所と神輿に付きっきり。
妹もほとんど神輿(と胡蝶さん)に付いていて、
私は店から離れられず、浅草寺の44ヶ町連合渡御にも、
神輿が集まる大通りにも行けずじまい。
といっても祭囃子と神輿を担ぐ掛け声にそわそわ。
d0028327_16363073.jpg

d0028327_16364121.jpg

1日に何回かある西町会神輿の休憩の際、
公会堂前で女性部のお茶出しのお手伝いと、店の往復でした。
d0028327_16344286.jpg


3日目はいよいよ本社渡御。
一之宮、二之宮、三之宮がそれぞれ浅草の町を町会から町会へ渡御されます。
我が西町会は今年は一之宮。
毎年恒例、宗山流の家元・胡蝶さんはじめ、
きれいどころが神輿に付いて、お練りをしてくれました。
d0028327_16401431.jpg

胡蝶さんと要さん、扇さんといっしょに。
d0028327_16394677.jpg

d0028327_16403317.jpg

宗山流は新舞踊の一派で、うちは家族ぐるみで親しくさせていただいており、
胡蝶さんには辻屋のイベントにも何度か登場していただいてます。
最近、テレビのバラエティ番組にも時々出演される胡蝶さんですが、
舞台は本当にすごい。さらに衣装にはかなりのこだわりがあります。
美術館級の着物が多々あるコレクションの中から、舞台衣装を選ぶのです。
この日も日本髪の鬘は、日本でも指折りの床山さんにお願いしているのだとか。
もちろん、草履は辻屋のもの♪
d0028327_16442839.jpg

d0028327_16443589.jpg


さて、本社渡御は一之宮が予定より1時間程遅れて、夕方5時半頃に西町会へ。
猿田彦神の天狗が先導します。
d0028327_1646062.jpg

一之宮のおんべを持つ父。
d0028327_16463258.jpg

担ぎ手の皆さんは、ちょっとでも肩を入れたいがために、必死です。
殺気立っているので、神輿の前にいても緊張。
d0028327_164716100.jpg

でも一瞬だけ、おんべを持たせてもらいました。
d0028327_16491272.jpg

雷門通りの手前で、中央町会に引き継ぎ。
祭礼委員長の松本さんがご挨拶。
d0028327_16493714.jpg


今年も無事、3日間が終わりました。
by TomitaRie | 2013-05-20 16:50 | Comments(2)