<   2018年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
満開の桜と古典芸能
あっという間に満開になった東京の桜。
浅草は週末からお花見客でいっそうの賑わいです。
d0028327_18194047.jpg

d0028327_18194391.jpg

いつも以上に仲見世はすごい人。
スカイツリーと桜の写真を撮る外国人でいっぱいの隅田公園。

d0028327_18193809.jpg


今年の冬はたいそう寒かったので、急に春が来て慌ててしまうような。
そんな中、古典芸能続きのここ数日。
先週のオフは、仁左衛門と玉三郎の美しいカップル、話題の「にざたま」でうっとり!
d0028327_18193049.jpg

翌日は浄瑠璃の野澤松也師匠の三味線の会。
友人がマネージャーをやっているので、時々誘っていただきます。
d0028327_18193494.jpg

翌日は、私が通っている長唄の社中のおさらい会。
私自身は始めたばかりでまだまだ人前で演奏などとても無理なので、先輩方の演奏を聴かせていただきました。
身内や知人だけの、なごやかで温かい演奏会でした。
私は出演するわけではないので、何を着て行ったらよいか迷いましたが、
こういった迷う場面では、色無地に派手すぎない袋帯。

d0028327_18195008.jpg

祖母の着物で裄が短いので、織り模様の入った半衿を多めに出して胡麻化してます。
履物は薄桜色のエナメルに少しだけ金の切り芯が入った草履です。
フォーマル用ではありませんが、式典などではないですし身内だけの会だったので、
これくらいがちょうどよいと思います。
淡いピンクやクリーム、薄グレーなどの無地で鼻緒も台と同素材、同色の草履は、
カジュアルではないけれども、フォーマル過ぎない装いに、一足あると重宝です。
この切り芯草履はデザイン性もありますし、履き心地もとても良くて、
かなり歩いてもまったく疲れません。
着物や帯と同じく、草履も仕立てがいかに大事かということでしょう。



d0028327_18194662.jpg





















[PR]
by TomitaRie | 2018-03-26 18:31 | 伝統芸能 | Comments(0)
浅草寺本尊示現会
浅草寺ご本尊の観音さまがお姿をあらわされたことを祝う「浅草寺本尊示現会」。
昨夜は三柱の御祭神が遷られた宮神輿三基を、氏子衆が浅草寺本堂外陣へ「堂上げ」でした。

d0028327_18173776.jpg

d0028327_18340564.jpg

d0028327_18340210.jpg


何年か前に求めた染め帯。
昔の示現会での船渡御を描いています。
d0028327_18171024.jpg
d0028327_18171609.jpg

着物は紫色の江戸小紋。
辻屋本店のロゴと同じ松川菱に柄を配しています。

足元は薄桜色の切り芯草履。
d0028327_18171876.jpg







[PR]
by TomitaRie | 2018-03-18 18:39 | 浅草 | Comments(0)
浅草神社「社子屋」にて「着物と履物と歩き方のお話」
毎月、浅草神社では「社子屋」を開催しています。神社社務所を学びの場として、神さまのお蔭のもとに子どもから大人まで共に日本を学ぶ気軽な月例交流会です。
3月1日の社子屋では、東日本大震災で失われた御霊に巫女舞と雅楽演奏を献げられました。重要文化財の社殿にて、幽玄のひとときをご一緒させていただきました。
d0028327_13241384.jpg

社務所には段飾りのお雛様が飾られていました。
d0028327_13241650.jpg

後半は、丸屋呉服店の店主、谷加奈子さんと私で「着物と履物と歩き方」のお話をさせていただきました。
d0028327_13240685.jpg

筋肉と着物、履物の関係について、谷さんが解剖学的に解説されたのですが、洋装が主流になる前の日本人が長い間まとってきた衣服と履物は、日本人の体にとってどういう意味があるのか、今こそ健康のために見直されるべきであると、あらためて感じました。
d0028327_13235486.jpg
「着物を着て、草履を履いて歩くと、内腿を閉じて(股を絞る意識)内転筋と足の虫様筋を使うので、結果インナーマッスルが鍛えられる」
足の虫様筋とは、親指以外の四本の指にある筋肉。
d0028327_15383587.jpg
草履や下駄は真ん中に鼻緒が付いているので、この虫様筋が鍛えられます。
虫様筋を使うと、内腿の内転筋が発達するので疲れにくくなり、転倒防止になります。
また骨盤底筋が鍛えられることで、尿漏れ防止になり、ぽっこりお腹も引っ込みます。
d0028327_15383948.jpg
中年以上の人たちこそ、着物を着てほしいし、子どもの頃から下駄を履くことでバランスの良い脚力がつき、脳にも良い影響があるといいます。
着物と履物と健康については、また機会があれば谷さんと一緒にどこかでお話したいなと思います。
d0028327_13235801.jpg



[PR]
by TomitaRie | 2018-03-03 13:28 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)