人気ブログランキング |
<   2019年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
宮入りでご報告

令和元年、浅草神社例大祭、無事終了しました。
奉賛会はじめ祭礼関係者、そして町会の皆々さま、ありがとうございました!

今年、西町会は一之宮の渡御でした。
宗山流のきれいどころのお練りが付いて、それは豪華な渡御となりました。


d0028327_15130456.jpg
d0028327_15131350.jpg

d0028327_15131761.jpg

宮神輿の迫力と臨場感を味わっていただきたく、辻屋本店のお客さまを数名、ご案内し、皆さんとても喜んでくださいました。

d0028327_15132008.jpg
d0028327_15132467.jpg
d0028327_15133950.jpg
d0028327_15134515.jpg


締めくくりは、今年も宮入りの行列に入らせていただきました。

d0028327_15135603.jpg
d0028327_15140373.jpg
d0028327_15143621.jpg
d0028327_15144457.jpg


そしてなんと、文扇堂の旦那と一緒にいらした中村勘九郎さんに遭遇!
ドキドキしながら、「いだてん」の勘九郎さんの下駄、うちで挿げたんです!と直接ご報告できました♪

d0028327_15144788.jpg



by TomitaRie | 2019-05-23 15:19 | 浅草 | Comments(0)
令和元年 浅草神社例大祭
三社祭、始まりました!
金曜日は六ヶ町の連合渡御で宵宮。
若い頃と違って神輿を担ぐわけではありませんが、
今年も無事に家族でお祭りをお祝いできること、
商売を続けていられることが、しみじみありがたいです。

d0028327_17201007.jpg
d0028327_17201430.jpg
d0028327_17200717.jpg
d0028327_17203292.jpg
d0028327_17204048.jpg

by TomitaRie | 2019-05-18 17:24 | 浅草 | Comments(0)
うちの職人がショックを受けた一本の電話
うちの職人・小林がショックを受けておりました。
ウェブでご注文いただいた商品をお送りしたお客様から「草履の裏側の革にシワが入っている」とお電話があったそうです。
よくよく聞いてみると、鼻緒を挿げる際に調整穴の部分の革をペロンとめくるため、革に付いてしまうシワのことらしい。

d0028327_16422936.jpg


そのお客様に理由を説明したところ、「おたくではメーカーから届いた草履の裏を開けるんですか!?」とびっくりされ、小林は「今や挿げ職人はここまで認知度が低いのか…」と愕然としたそうです。
最終的には納得してくださったようですが…。

底裏が合皮だとシワができないことがあります。
つまり、この部分にシワがある草履は、「職人が履き良いように鼻緒を挿げている」「底裏の素材が上質な革である」ということ。
工業製品の草履しか履いたことがないと、底裏のシワはご覧になったことがないのかもしれませんね。

辻屋本店ではメーカーから草履を仕入れる際、「鼻緒を挿げない状態」で入荷しています。
なぜならメーカーは台や鼻緒をつくりますが、「お客さまが履き良いように鼻緒を台に挿げる」という点に関しては専門ではないから。
最近は挿げ職人がいる店じたいがとても少ないので、メーカーが鼻緒を挿げて出荷するケースがほとんどのようですが、うちは「挿げないでください」とお願いしています。

これは問屋についても同じです。問屋は商品を卸すのが専門。
鼻緒挿げはあまり上手でないことが多い。
そういう訳で、辻屋本店では台と鼻緒が別々になった状態で仕入れますが、たまに鼻緒を挿げた状態で入荷した場合は、わざわざこちらで挿げ直します。

うちのような履物専門店は「鼻緒を挿げる技術」も含めての商品をご提供しています。
履き良い草履(下駄)は挿げの技術しだい。
この点をもっと広めなければと思っています。

by TomitaRie | 2019-05-10 16:43 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)
茶道のお稽古
お茶は20代の頃に10年程、地元のお教室へ通っておりましたが、たいして身に付かず、30代になると仕事が忙しくなり辞めてしまいました。
40代の頃、夫の仕事で暮らした福岡で尊敬する師に出会い再開、東京へ戻るまで3年程お稽古に通いました。

家業を継いでからしばらくは余裕がなく、ようやくここ最近、また始めたいなと考えていたところ、ちょうど友人が自分でお教室を持つことになったので、教えていただくことに。
私はお勤めの人たちよりずっと休みが少ないため、お稽古も月一回が精いっぱいで、毎回教わったことがすーっと抜けてしまう情けない生徒ですが…


昨日、連休唯一のオフ日は社中のお稽古茶会へ。
羽根木公園の小間茶室は緑の木々の中にあって大変静か。
いつもは賑やかな観光地でバタバタ動いているので、こうした非日常は大切なひとときです。

d0028327_16132840.jpg
d0028327_16133673.jpg
d0028327_16134018.jpg
d0028327_16134418.jpg
d0028327_16135864.jpg


お茶を再開したのは、仕事にも役立つと思うから。
「お茶を習い始めたので、お稽古やお茶会に草履が必要になった」というお客様も少なくなく、やはりその世界に近い方が気持ちが理解できるように感じます。
お茶会といっても格式のあるなし、大寄せだったり少人数だったり、いろんな場面があります。
女性だけでなく男性も、そのときにお召しになる着物は何かお聞きして、お履物のご相談に乗ります。


社中の皆さんと。
d0028327_16140387.jpg

暑かったので、単衣の江戸小紋。
手持ちの着物はほとんど紬なので、茶事に向く着物、
とくに単衣はあまり持っていないのです。
d0028327_16140710.jpg


はじめて草履をお求めになる方には、男性は畳表の雪駄で黒か紺の印伝もしくは正絹の鼻緒。
女性は白、クリーム色、ピンクなど淡い無地の革草履で、鼻緒は台と同素材、または帯地など織りのものををおすすめします。
今教えていただいている先生は、ご自宅で教室を開くまでの間、区の公共施設を借りてお稽古しているので、いつもキャリーバッグにお道具を詰めて持ち歩いているため、草履は底裏が滑らない素材で歩きやすいもの。
また雨の日のお茶事に備えて雨草履もご愛用くださっているようです。
どちらもうちでお求めいただいてますが、先生のようにヘビーユーザーの方こそ、鼻緒を調整したり踵を交換するなどメンテナンスができる「本物の草履」を履いていただきたいと思います。

by TomitaRie | 2019-05-04 17:01 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)