袷の季節ですが
10月に入ると着物は単衣から袷になります。
といっても、10月でも汗ばむくらいの気温になる日も多い最近の異常気象。
式典やお茶会など、特別な場合は別にして、
暑いのに無理して袷を着る必要はないと、私は思います。

帯や小物あわせ、着物の格など、私が迷った時に頼る一冊がこれ。
着物スタイリスト、大久保信子さん監修の『着物でおでかけ安心帖』です。
d0028327_13082570.jpg
とくに参考になるのが「二十四節気で分かる着物の選び方」の章。
「寒露」(10月8日頃)には、
「昼間の外出では、まだ汗ばむ陽気が続く季節。
街着なら、本格的な冬に入る「立冬」まで単衣を着てもよいでしょう。」と書いてあります。

最近、まわりの着物好きな人たちの間で「着物警察」なるものが話題になっています。
なんでも街中で、見知らぬ人に突然「あなたの着付け、間違ってるわよ」とか
「袷の季節なのに単衣は着てはダメ」など、
ご自分の習った知識を「教えてくれる」のだそうです。
親切なのでしょうけれど、着物初心者の人はびっくりして、
間違えるのが怖くて着物を敬遠してしまうとか。

現在「これが正しい」とされていることも、歴史をちゃんと調べてみると、
意外に根拠が無かったりします。
たとえば着用時期のルールは、着付教室や着物本がマニュアル化したもので、
日本人が日常的に着物を着ていた時代は、もっと現実的だったのではないかしら。
だからこその「二十四節気」。
1年を24分割して季節を表しているものです。

着物には色や柄で季節感を出せる良さがあるので、
10月に単衣を着る場合は、小物で秋を表現するなどの楽しみがあります。

こちらは、祖母の箪笥でみつけた単衣。
さっき父に聞いたら、なんと曾祖母が着ていたものだそうです。
ということは、100年くらい経っている!
近所の呉服屋「ほてい屋」さんに見せたら、本藍の結城と言われました。
あまり暑い時期だと藍が落ちるし、地厚なので今くらいに着るのがちょうどいい。
帯は中古で浦野理一。
帯揚げと帯締めに橙と茶を入れてみました。

d0028327_13082877.jpg

足もとは、海老茶の真田紐鼻緒をつけた表付き舟形下駄です。
履物まで気が廻らないかたが多いのですが、
ご覧のように、鼻緒の色だけでも全体のコーディネイトのポイントになります。

d0028327_13083171.jpg





[PR]
# by TomitaRie | 2017-10-08 13:30 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)
シネマ歌舞伎「め組の喧嘩」
昨日、したまちコメディ映画祭の前夜祭でシネマ歌舞伎「め組の喧嘩」が浅草公会堂にて上映されました。
d0028327_17194475.jpg
「平成中村座」初のロングラン公演の最後を飾った2012月5月の公演で、十八世中村勘三郎が初役となる、め組辰五郎を演じています。
終演後、中村勘九郎丈、七之助丈といとうせいこう氏、浅草観光連盟の冨士会長のトークショーがありました。

d0028327_17194236.jpg
「め組の喧嘩」は文化二年(1805年)に起きた町火消し「め組」の鳶職と江戸相撲の力士たちの実際に起きた乱闘事件を題材にしたお芝居です。
いなせで粋な鳶のようすが描写された江戸の世話物で、主役の辰五郎役は江戸前を得意とする歴代の名優が演じてきています。
十八世勘三郎丈は、浅草・文扇堂の荒井修さんに「め組の喧嘩」を上演してほしいと懇願されながらも首を縦に振らず、仲の良い二人が喧嘩するまでに至って、最後は勘三郎さんが折れた、と昨日のトークショーで冨士会長が話していらっしゃいました。
実際に演じてみたら勘三郎さんが大変気に入って、あと6回はやりたいと語っていたとか。

平成中村座で上演した際の演出で、芝居の最後に仲見世町会の神輿が舞台に上がりました。
夢中で神輿を担ぐ勘三郎さんと、それを見守る修さんがスクリーンに映ると、客席では涙ぐむ人がたくさんいました。
もう5年。たった5年。
勘三郎さんも修さんも、あっち側へ逝ってしまったとは。
辰五郎役の勘三郎さんに履いてもらうから、と修さんがうちで買ってくれた、鳶の雪駄がこれ。
タイヤ裏でつま先が反りあがった、坪下がりの雪駄です。
見るたびにあの時の嬉しそうな、ちょっと得意げな修さんの顔が思い浮かびます。
d0028327_17531480.jpg


[PR]
# by TomitaRie | 2017-09-19 18:01 | 伝統芸能 | Comments(0)
秋単衣になりました!
昨日は午前中から「金田中」さんにてお勉強会。
そしてお昼にお初の松茸、いただきました♪
d0028327_16065264.jpg
ようやく、単衣にしました。
祖母の箪笥にあった薄茶地に細い縞の紬と紺地に刺繍の八寸名古屋帯です。
d0028327_16064724.jpg

9月の残暑に選ぶ着物は本当に迷います。
最近は気温にあわせて9月中は夏物でよろしい、と書かれているものもあります。
観光地・浅草はまだまだ浴衣姿の人たちもたくさん歩いています。
とはいえ、私自身は9月に入ったら浴衣や麻は着ません。
気温30℃になったとしても、やはり陽光は秋めいていますし、
10日過ぎたらやはり単衣が着たい気分になります。

半衿もまだ絽でよいのですが、小物は先取りといいますし、
なんとなく塩瀬に替えています。

履物も9月半ばを過ぎたら夏素材はしまっています。
今日の草履はファブリック素材の「彩二重」。
季節問わない素材ですが、今の時期はとくに快適です。
d0028327_16064921.jpg


[PR]
# by TomitaRie | 2017-09-16 16:18 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)
和装で差がつくヘアーメイク講座
40歳から、もっと美人!
<和装で差がつくヘアーメイク ~あさくさ和装塾vol.44>


数々の著名人や作家、モデルのヘアーメイクで活躍中の木村智華子さんをお迎えして、
40歳以上の女性限定のヘアーメイク講座を開催します。

d0028327_15472625.jpg

智華子さんは10年来の友人で、いつかお願いしたいとずっと温めていた企画です。
着物好きには有名な雑誌『七緒』でも度々ヘアーメイクもご担当されています。

d0028327_15473639.jpg
d0028327_15474570.jpg
ご参加の方にはそれぞれメイク道具を持って来ていただきます。

さらにステキな着物美人になるヘアーメイクのコツを学びましょう!

詳しくはこちらから!
http://getaya.jp/eventguide/wasoujuku44/




[PR]
# by TomitaRie | 2017-09-10 15:54 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)
盛夏の薄物は着納め

8月最終日、「茶寮一松」さんにて、浅草の店主が集まる「槐の会」の総会でした。

d0028327_14395049.jpg
それぞれの委員会ごとに、会計及び活動報告の後、宴会。
d0028327_14400660.jpg

お部屋もお料理もすばらしかったです。
d0028327_14400930.jpg
一松の女将さんと。
d0028327_14395316.jpg
8月は雨が降って蒸し暑い日ばかりでしたので、こちらの絽の小紋を着たのは、
1日に浅草神社の皆さんと靖国神社へ行った際に着ただけで、
他の日は浴衣か小千谷縮でした。
この日も午前中はずいぶん降っていたので、爪皮付きの雨下駄で。
d0028327_14395806.jpg

d0028327_14395568.jpg


[PR]
# by TomitaRie | 2017-09-03 14:44 | 浅草 | Comments(0)
猛暑でこの夏はしめくくり!?
落語家の林家たい平さんの奥さまが主宰されている、お着物で日本の伝統文化を学び楽しむランチ交流会「和の美を遊ぶ会」。
参加者の皆さまの華やかな装いを楽しみに、第1回目から参加させていただいてます。
4回目の昨日は東中野の日本閣で開催されました。
見てください、この壮観な光景を!
d0028327_12285676.jpg
お食事の後、たい平師匠の落語を一席。
東京は最高気温36度にもなって猛暑日に、「青葉」はぴったりでした!
d0028327_12290075.jpg

この会は、豪華な訪問着などをお召しの方が多いのですが、
私は訪問着というものを持っていないし、たいてい終わってから仕事なので、小紋か紬を着て行きます。
この日は近所のおばあちゃんにいただいた、綿絽の小紋。
たぶんとっても古いもので、レトロな柄ゆきがステキです。
d0028327_12290471.jpg
足もとは気を抜かず、履物屋ですからね(笑)、パナマのお草履で。
d0028327_12290752.jpg

7、8月と着ていた浴衣は、少しずつ自分で洗濯しています。
絽とか紅梅などもそろそろ着納めかな。

[PR]
# by TomitaRie | 2017-08-26 12:34 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)
夏が戻ってきた日

着物の仕立てをし、写真家でもある伊藤竜太さんは10年来の友人。
8月に入ってからずっと雨降りで、ようやく太陽が現れた昨日、神宮前で開催している写真展の初日にうかがいました。
久々の猛暑となり、この夏の着納めに総絞りの浴衣に、博多献上の帯です。
足もとの下駄は桜樺細工の台に、久留米絣の鼻緒。

竜太さんには辻屋本店のパンフレットやウェブサイトの写真を撮っていただいてます。


d0028327_17075990.jpg

奥さまの厚子さんとずーっとラブラブ♡
これほど仲の良い夫婦は見たことがない!
半年ほど前に柴又にお引越しされてから、ますます楽しそうです。

d0028327_17093489.jpg



伊藤竜太 Lyuta Ito 写真展『柴又NUDE』...
8/23-28日 12-20時(最終日18時)
会期中無休 入場無料
Space Jing (表参道駅徒歩五分)
http://spacejing.com/


写真展の後、友人の飯田ひとみさんの主催で、桂文治師匠の50歳のお誕生日を祝う落語会へ。
ひとみさんがオフィスマツバを立ち上げて5周年だそうです。

d0028327_17093803.jpg
ひとみさんとの出会いは、辻屋本店ホームページ「和装人インタビュー」に書かせていただきました。
彼女がすごいなと思うのは、どんなに忙しくても細やかな気遣いを忘れないこと。
私も見習わなきゃと思うけど、なかなかできることじゃありません。
この日も会がはねた後、お土産の栗まんじゅうをひとりひとりに渡してました。
落語会の後は打ち上げにも参加させていただき、楽しい時間をご一緒しました。


[PR]
# by TomitaRie | 2017-08-24 17:18 | 伝統芸能 | Comments(0)
日本酒エクスペリエンス

今年の4月、浅草にオープンしたWIRED HOTEL。
開業の1年位前から、表参道の系列カフェで「1 MILE X 100 MILE」というイベントを定期的に開催されてました。
東京で仕事し生活する人種も国籍もさまざまなアンバサダーが、おすすめの食スポットを紹介するというもの。
私もアンバサダーのひとりとして、昨年夏に登壇させていただきました。

「ローカル・コミュニティ・ホテル」をめざすWIRED HOTELは、オープン後もさまざまなイベントを企画されています。
なかなか参加できなかったのですが、ようやく日本酒エクスペリエンスのイベントに行ってまいりました。

d0028327_14501007.jpg
支配人のケニー・E. ワタルさんがセレクトしたお酒を次々に注いでくれるのですが、これまでの日本酒の概念をくつがえすような香りや味覚。
もうびっくりして感動しました!
日本酒の新しい世界を見せてくださったケニーさんに感謝です。
d0028327_14502485.jpg
d0028327_14502226.jpg
d0028327_14502098.jpg
d0028327_14501849.jpg
この日は、千葉県がテーマだったので、千葉の新鮮な食材を使ったお料理もたいへんおいしかったです。
d0028327_14501505.jpg
d0028327_14501378.jpg

...

ホテルのレストランZAKBARANで食事を楽しむお客様たちを見ていて、「あー浅草にもこんな場所ができたのか!」としみじみ思いました。
観光地として、日々たくさんのお客さまが国内外から来てくれるのは、本当にありがたいこと。
それとともに、新しいお店、そしてホテルもどんどん進出しています。
中には町の特徴や歴史、コミュニティなどまるで考えず、今自分さえ儲かればよいという商売をする人も少なくありません。
そして悲しいことに、飲食店やお土産物など、観光客向けではないお店が、代々続いてきた商売をやめて貸店舗にしてしまう。
浅草らしさ、浅草の特色がどんどん薄まり、どこにでもある街になってしまったら本当に残念。

そんな中でWIRED HOTELは、単なるインバウンドを狙った金儲け主義ではなく、文化を発信したりコミュニティをつくるというコンセプトがしっかりしているのを感じます。


[PR]
# by TomitaRie | 2017-08-13 15:02 | 浅草 | Comments(0)
よそゆき下駄は舟形で
舟形下駄を愛用しています。
草履型なので、下駄の中ではちょっときちんとして見えます。
とはいえ下駄なので、フォーマル・セミフォーマル以外の着物に合わせて、
草履感覚で履いています。
今の時期はちょっといい浴衣に。
素足で履いても足袋付きでもOKですが、私はたいてい足袋を履きます。

先日、お世話になっている方が出演するシャンソンのライブを聴きにいった際は、
絹紅梅の浴衣を着ました。
d0028327_12035587.jpg
d0028327_12003786.jpg


浴衣とはいえ、よそゆきになるので半衿付きで、帯は白の無地の博多献上。
足もとは、シコロ表の舟形下駄です。
10年以上履いているお気に入り。
全体に藍色と白のコーディネイトで、前坪だけ紅色でポイントに。

d0028327_12004216.jpg


週末、浴衣パーティーに出席した際は、母の着ていた麻の浴衣を着て行きました。
毎年開催される、着物好きのメンバーが集まるパーティーで、今年の会場は東京タワーの目の前。
皆さん、いつも気合が入っているので、いろんな方の浴衣や夏着物を拝見するのが楽しみです。

d0028327_12011998.jpg
d0028327_12010899.jpg

d0028327_12005632.jpg

縞の麻浴衣、とても気に入って大事にしているので、ここぞという時しか着ません(笑)。
帯は、祖母の箪笥で発見した羅の帯です。
このときの足元は、つや消しの黒塗り舟形下駄。
鼻緒は、竹富島で織られた麻の生地を仕立てたもの。
6月に「はんなり」さんとコラボイベントを企画した際に、「はんなり」さんに分けていただいた生地で、
この先作らないだろうという貴重な麻です。

d0028327_12005935.jpg

どちらも、浴衣の季節が過ぎても、単衣の時期まで活躍します。
鼻緒しだいで、着物の素材、色柄にあわせて楽しめるのが舟形下駄をオススメするところ。
ほかにも白木、白木防水、糸春雨塗り、鎌倉彫、桜皮あしらいなどなど、いろいろあります。


[PR]
# by TomitaRie | 2017-08-06 12:24 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)
八朔の日

昨日、8月1日は旧暦の八月朔日(ついたち)で「八朔(はっさく)」。
今年は旧暦では9月20日にあたります。
本来はこの頃に初穂が実るので、かつて農村では豊作を願い、日ごろお世話になっている人にお礼や贈り物をした風習があり、「田の実の節句」と呼んでいました。
それが「田の実」を「頼み」と読み替えて一般に普及し、少し前までは商家でも八朔にご挨拶まわりしたものだそうです。

また、徳川家康が江戸城入りしたのが天正15年8月1日だったことから、武家の祝日となり、大名・旗本などが白帷子(かたびら)で登城し、将軍家に祝辞を述べました。
江戸の遊郭吉原では、遊女たちが真似をして、八朔に白羽二重の衣装を着ていたとのこと。
京都の花街では今も、芸舞妓らが師匠やお茶屋などにあいさつ回りをする風習が残っています。
(京都の呉服屋さんの高橋泰三様に教えていただきました!)


昨日私は、毎月1日に開催される浅草神社の「社子屋」という勉強会でした。
いつもは神社の中でいろんな講座やワークショップがあるのですが、8月は特別に靖國神社に昇殿参拝でした。

東京にいながら靖國神社は人生で二度目。
しかも前回は25年位前、奉納相撲を観に来たんでした(^_^;)

靖國神社は浅草神社や神田明神などの他の神社とは違う空気を感じました。
参拝中、雨がどんどん強くなり、静まり返った社殿と雨の対比が印象的でした。

d0028327_15131927.jpg
d0028327_15132209.jpg

浴衣というわけにはいかないし、麻というのもなんだなと思い、今年初の薄物を着ました。
夏草履を履きたかったけれど、雨に備えて替え足袋と「てりふりぞうり」で。
防水になっていて、季節を問わず着物の格も広く合わせられるので、ほんとに重宝です!
d0028327_15132666.jpg
d0028327_15132976.jpg


[PR]
# by TomitaRie | 2017-08-02 15:15 | 下駄・草履・和装のこと | Comments(0)